Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

ユニーク攻撃モディファイア(UAM)ついて知ろう!

ユニーク攻撃モディファイア(UAM)ついて知ろう!

今日は、ユニーク攻撃モディファイア(Unique Attack Modifier以下UAM)について紹介します。このUAMの仕様を理解することで、特にキャリーヒーローのアイテムビルドを考える際に役に立つでしょう。

1.UAMとは?

ヒーローの通常攻撃に追加ダメージやライフスティールなどを与えるアイテムやスキルの中でUAMと表記されているものです。
この表記のされたUAMであるアイテムやスキルを複数持っている場合は、重複して発動することはありません。それぞれのUAMには優先度があり、優先度が高いもの一つが通常攻撃に追加効果を与えます。

例えば、アイテムでは{mom}のライフスティール、{skadi}の移動速度低下、{mjollnir}の電撃攻撃がUAMになります。また、{am}のMana Breakや{dr}のFrost ArrowなどのヒーロースキルもUAMになります。

UAMはアイテムやスキルの説明文に書いてあるのでゲーム内で確認しましょう。

下の画像は、{desolater}のアイテムの説明文。UAMであることが書かれています。
uam_deso

2.UAMの優先順位

ここでは、UAMの優先順位を紹介します。

確率によるもの

優先度:1番

{mjollnir}など確率で発動するものがこれにあたります。
{mjollnir}は、確率で電撃攻撃が発動したときのみUAMが適用されるので電撃攻撃が出てないときは一つ下の優先順位のUAMが発動します。

ヒーローのスキルによるもの

優先度:2番

{am}のMana Breakや{dr}のFrost Arrowがこれにあたります。

アイテムによるもの

優先度:3番

{desolater}や{skadi}、{mom}などがこれにあたります。
{mom}と{desolater}を同時に持っていてもアーマー低下とライフスティールを両方発動させることはできません。この場合は、先に持っていたアイテムのUAMが優先されます。
例外的に{skadi}とライフスティールは同時に発動することができます。

以上の3つの優先順位のことが理解できれば特定のヒーローで買うのが良くないアイテムや使い分けが分かってきます。

{am}は、Mana Breakという2番目に優先されるUAMを持っています。このスキルは、常時発動なので3番目の優先されるアイテムによるUAMを持ったとしても発動しないことが分かります。
このように自分のヒーローがUAMを持っているか、UAMの優先順位を知っていれば{am}で{dominator}や{desolater}を買ってしまうというミスは起こさないでしょう。

{dr}は、オートキャスト可能なFrost Arrowという2番目に優先されるUAMを持っています。{mom}を持っているときにFrost Arrowのオートキャストをオンにして攻撃すると{mom}より優先度の高いFrost Arrowの移動速度低下が通常攻撃に与えられます。オートキャストをオフにすると{mom}のライフスティールが通常攻撃に与えられます。{am}と違うところはヒーローが持っているUAMをオフとオンに切り替えれるところです。ファームするときは、オフにしてライフスティールを使い、敵を攻撃する時はオンにして移動速度低下を使うなどの使い分けができます。


UAMは、通常攻撃をメインで使うCarryに深く関係のあるものなのでCarryをプレイしているときはUAMが被ってないかよく注意しましょう。また、アップデートでUAMでなくなる場合もあるのでバランス調整の変更パッチが来た時は、パッチノートをチェックするようにしましょう。


この記事に関してのフィードバックや感想がありましたら下のコメントから送ってください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です