Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

The Bucharest Major

The Bucharest Major

The Bucharest Majorが、日本時間の3月4日19時頃始まります。この大会は賞金総額$1,000,000で、valveからmajor大会に指定されており、強豪チームが集まっている大きめの大会です。

スイスドローのグループステージを経て、上位8チームが新たにシングルイリミネーションのトーナメントを行います。

The Manila MajorやThe Boston Majorと同じく、Majorの名を関するこの大会は、PGLというesportsイベント運営組織により運営されます。

あまりプロシーンに馴染みのない方も、そうでない方も、この記事を片手に楽しんでもらえたらなと思います。

 

・招待チーム

 

Team Liquid

1.MATUMBAMAN

2.Miracle-

3.MinD_ContRoL

4.GH

5.KuroKy

C.Heen

The International 2017というDota2で一番大きな大会で優勝したヨーロッパのチームであり、その強さはとどまる所を知りません。最強プレイヤーのMiracle-を抱える、優勝候補筆頭のチームです。ただ、最近はLiquidのpickが研究されつくしており、Miracle-がsafe laneでcarryをする以外の戦術は多くのチームに攻略されている印象です。

 

 

Newbee

1.Moogy

2.Sccc

3.kpii

4.Kaka

5.Faith

The International 2017の準優勝チームであり、中国最強のチームです。しかし、直前の大会であるESL one katowiceでは成績を残せなかったため、どのような調整をしてくるのか期待したい所です。

 

 

Evil Geniuses

1.Arteezy

2.Fear

3.Sumail

4.Cr1t

5.MISERY

C.Bulba

長い間同じrosterで活動してた北米のチームですが、2018年の大きなroster changeから結果が残せておらず、北米1位の地位が脅かされています。2年間勝ち越していたVPにも負けてしまっています。

 

Natus Vincere

1.Crystallize

2.Dendi

3.GeneRaL

4.Lil

5.LeBronDota

C.XBOCT

CISで2位の実力を持つチームです。2月頭にSoNNeikOが脱退してからはあまり成績を残せていません。

 

Mineski

1.Mushi

2.Moon

3.iceiceice

4.Jabz

5.ninjaboogie

C.71

Mineski, Fnatic, TNCの東南アジアTOP3のチームの中でも、頭一つ抜けているのではないかというのがこのチームです。ダークホースのような存在だと思います

 

compLexity Gaming

1.Chessie

2.Limmp

3.Moo

4.Zfreek

5.melonzz

北米の2位、もしくは3位というイメージの強いcoLですが、最近の状態は良く、EGに勝利し北米予選の枠を奪うほど成長しています。今大会でもその強さが発揮されるか注目です。

 

Vici Gaming

1.Paparazi

2.Ori

3.eLeVeN

4.LaNm

5.Fenrir

C.Mikasa

混沌としている中国dotaの中で、Newbeeに次ぐ2位の実力を持ちます。ESL One Katowiceでも2位につけており、今注目のチームです。

 

 

LGD.Forever Young

1.Monet

2.Super

3.Ohaiyo

4.Yao

5.Ahfu

C.Banana

数多の中国チームの中でもトップ層を維持し続けているチームです。off lanerであったInflameが脱退し、元FnaticのOhaiyoが加入しております。new rosterがどのような結果を残すのでしょうか。

 

Virtus.pro

1.RAMZES666

2.No[o]ne

3.9pasha

4.RodjER

5.Solo

C.Arystyle

 

CISの現最強チームです。様々な大会で好成績を残しており、世界最強チームの一角を成しています。ESL one katowiceでは、2年間負け続きだった対EG戦を乗り越えて優勝を果たし、今一番油の乗っているチームです。

 

Team Secret

1.Ace

2.MidOne

3.FATA-

4.YapzOr

5.Puppey

C.SunBhie

ヨーロッパでLiquidに次ぐ2番目の強さのチームで、AceとFATA-を獲得してからは世界最強の一角として、様々な大会で好成績を残しています。Midでの1コアという戦術が通用しなくなってきている中で、同じ戦略をとっていたLiquid.Miracle-はsafe laneに行きました。MidOneはAceとの2コアをLone Druid無しで通せるのでしょうか?

 

・予選通過チーム

 

OG

1.N0tail

2.Resolut1on

3.s4

4.JerAx

5.Fly

C.7ckngMad

4つのMajor大会を制した、とても実績のあるヨーロッパのチームです。anaがResolut1onへと変更されてからは結果を残せず、ついには招待枠からも外されてしまいました。縁起のいいMajor大会で好成績を残せるのでしょうか。

 

Vega Squadron

1.Palantimos

2.UnderShock

3.Blizzy

4.Zayac

5.CeMaTheSlayeR

C.Kipspul

CIS予選を抜けてきたチームですが、VPとNAVI以外のCIS地域のチームはどんぐりの背比べ感が強く、今大会で成績を残せるかと聞かれると首を縦に振るのは難しいです。

 

VGJ.Thunder

1.Sylar

2.kamma

3.Yang

4.Fade

5.ddc

C.rOtk

中国予選でIG,EHOME,LGD等を破り、今大会へと駒を進めました。ギリギリ8位が狙えるかどうかといった実力だと思います。

 

TNC Pro Team

1.Raven

2.Armel

3.Sam_H

4.Tims

5.kuku

Fnatic,xctnを破りSEA予選を突破してきました。1437が脱退し、新たにArmelが加入、kukuはmidからsupportへとrole changeしました。どのような成果を残すのでしょうか?

 

OpTic Gamnig

1.Pajkatt

2.CC&C

3.zai

4.33

5.ppd

VGJ.Stormを下し進出してきた北米のチーム。EGから手を引いたppdの新しいチームは世界に爪痕を残すことができるのか?

 

 

paiN Gaming

1.hFn

2.w33

3.tavo

4.Kingrd

5.Duster

南米予選を抜けてきたチームですが、このチームについては何もわかりません。w33がstandinで加入しています。

 

ということで、簡単にですが出場チームの紹介でした。ただうまい人のプレイを見ているだけでなく、各チームにより親近感を持って、楽しんでもらえたら幸いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。