Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

【チーム活動日記】海外の平均5.5kチームに所属してみて分かった事 #1

【チーム活動日記】海外の平均5.5kチームに所属してみて分かった事 #1

ただいま、師範代は海外修業編に出ています。
師範代から最高師範になって帰ってくる予定です。

経緯としましては、だいぶ前にランクで知り合ったインドネシア人から、「お前チームやらんか? 5番探してるねん。」と招待が来ました。師範代の海外引き抜き編ですね。Marvelの方でチーム活動をしていなかったので、「Okay la.」と返事しておきました。

それでチームに加入することになったのですが、このチームの練習への取り組み方がとても良いので、ご紹介します。

1.自己紹介をする

「日本から来ました師範代です。好きな食べ物はパクチーです。ジャパニーズ・オタクになりたいなら、ぜひ相談してください。」

みたいな自己紹介ではないです。

チーム活動の2日目の最初に、メンバーの提案で自己紹介の場が設けられました。

“condition”という単語で、自分がどうであるかを説明しています。

「僕は言われてもすぐにできるプレイヤーじゃない。今はいいけど、将来的に(それが問題で揉めるといけないから)前もって言っておくよ。でも、アイテムの提案や、僕が悪いプレイをしたときは自由に言ってくれ。試合後にはdiscussしようね!」

と、自分がどのような姿勢でプレイしているかを知ってもらう事で、今後のチーム活動を円滑にしようとしてくれています。
彼の言っている事は当たり前なのですが、これを前もって伝えておくか否かで、皆が意見を出しやすくなりますね。Goodです。

私も少し自己紹介しました。もっと自己紹介しないとですね。

 

2.discussionはチャットで

上のログが拾えるように、チーム内で重要な事を話すときは全てチャットです。これは誰かが提案したわけではなく、最初からそうでした。もしかして海外では普通なんでしょうか?

このチャットで会話するのが良いですね。堪らずログを保存してしまいました。

チャットで重要な事を話すことのメリットは、

  1. ボイスチャットだと語気が伝わってしまう。イライラとか。
  2. キーボードをカタカタしてる間に冷静になれる。
  3. ログを見直せるので、言った言わない問題が起こらない。
  4. ちょっぴり素直な自分を晒け出せる。(੭ु ›ω‹ )੭ु

ボイスチャットで騒ぎながら、チャットは真面目に。

 

3.no blame, but discuss

チャットでは、

「諦めるな、チームを常に信じろ。批判はダメ、でも解決法は必要だ。」
こんな感じのワードがよく飛び交います。

やっぱりチーム活動を真面目にやると、批判がどんどん増えていくんですよね。自分はアドバイスのつもりで言っていても、相手は批判されたと受け取ったり。真面目にやればやるほど、熱くなっちゃうんです。

だから、こうした言葉を頻繁に出して、いつでもメンバーの事をケアしています。自戒の意味もあるのでしょう。

言葉に出さないと伝わらないよね。大切です。

師範代は今4.5kですが、チームの平均MMRは5.5k overです。
さらにScrim相手は平均6kだったりします。

雑魚すぎ、Kick! で帰国しないように媚びへつらって行きたいと思います。

気遣われる師範代。Ancientメダルから脱出したい。目指せDivine5

1

コメント一覧

新規のコメントはこちらから

  1. 匿名

    次がみたいです。w

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。