Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

Support概論~序盤の5つの選択肢~

Support概論~序盤の5つの選択肢~

Support概論 第2回は、第1回で話したSupportの目的を達成するための方法を解説します。なお、前提として3-1-1のトライレーンを想定しています。

Supportが選ぶ5つの基本行動

Supportが序盤のレーンフェイズ(~10分)で取る行動には5つあります。

  1. ゾーニング
  2. プル
  3. ジャングルスタック
  4. ギャンク
  5. ルーン確保

この5つの行動をどう回していくかで、よいSupport・悪いSupportが決まるといっても過言ではないでしょう。

行動のメリット・デメリット

1.ゾーニング

Pros:敵のOfflanerに経験値を吸わせないことができ、味方Carryが安全にファームできる
Cons:ゾーニングに失敗してキルを取られることもある

2.プル

Pros:レーンを下げることでゾーニングできるようになる 自身に経験値とゴールドが入る
Cons:レーンを離れる、Pull中はキャリーがクリープの攻撃をTankしなくてはならない

3.ジャングルスタック

Pros:キャリーのファームが速くなる
Cons:レーンを離れる、経験値が入らない

4.ギャンク

Pros:MidやOfflanerにゴールドを入れることができる。
Cons:レーンを離れる、経験値があまり入らない

5.ルーン確保

Pros:ギャンクの足掛かりになる、味方Midが楽になる
Cons:レーンを離れる

時間を考える

これらの行動は移動する時間があるため、いくつも選べるわけではありません。ですので、次のこの時間で何をしたらベストかを考えて行動を選ぶ必要があります。

おおよその目安としては、30秒ごとに何をするかを考えるとよいでしょう。レーンクリープは30秒ごとにスポーンしますので、このウェーブはゾーニング、次のウェーブはプル、次はルーン確保…といったように行動していくと分かりやすいのではないでしょうか。

補足:ワーディング

今回はワーディングを行動に入れていません。それは、ワードについては{courier}に{observer}を入れて味方に使ってもらうことで、わざわざ自分が行って設置する必要がないからです。もしくはギャンクやルーン確保のついでに設置してくればよいでしょう。

Support概論第2回は、Supportが取る行動のバリエーションを紹介しました。次回は、Supportがその行動をどう選択するか?30秒ごとに何をするか考える基準は?について解説します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です