Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

Support概論~序盤の2つの目標~

Support概論~序盤の2つの目標~

長らくお待たせしましたが、Dota2道場が再開して初の道場TIPSです!今日から始まる「Support概論」はテクニックではなく考え方の話なので、文字ばかりの内容ですが読んでいただけたら嬉しいです。

なお、このSupport概論では3-1-1のトライレーンを想定しています。

序盤Supportの目標

レーンフェイズ(~10分)のSupportの主目標は2つです。

  1. 味方のCarry、Midが充分にファームできるように整える
  2. 自身にレベル6を入れる

この2つの目標を達成することを念頭に行動します。

味方Carryが充分にファームできるとは?

Carryの気持ちになって考えてみましょう。Carryにとって一番嫌なのは、敵Offlanerにキルされてしまうかもしれない状況が続くことです。敵Offlanerからダメージを受け続けたり、敵Offlanerがレベル6になってキルを取れるようになると、Carryは「レーンじゃファームできないよ~(T^T)」となるのです。
そのような状況を回避するために、敵Offlaneにハラスをしてレベルを入れさせないようにしなくてはなりません。おおよそ味方Carryと敵Offlanerのレベル差が2Lvあると、Carry1人でも敵Offlanerを追い返せるようになるのでずいぶんと楽になります。

次にCarryが充分にファームするには、レーンでのファームに加えてジャングルでのファームが必要になってきます。{sven}や{gyro}といったヒーローはジャングルスタックを狩るのが速く、ものすごい勢いで育つことができます。そのファームを支えるために、Supportはジャングルスタックをしなくてはなりません。レーンで敵のOfflanerを追い払いつつ、ジャングルスタックもしながらCarryのファームを支えましょう。

味方Midが充分にファームできるとは?

Midプレイヤーは1vs1をしていて、時たまにTopやBotレーンにギャンクしに行くロールという認識の方も少なからずいるのではないでしょうか。間違った認識ではないのですが、ひとつ忘れてはならない点があります。それは、Midは2番目にファームをしなければならないロールということです。ということは、SupportはMidのファームを手助けするのが当然といえますよね。

Midにとって脅威なのは敵Supportによるギャンクです。そこでSupportは、Midに{observer}を絶やさないこと、敵Supportのギャンクには{tp}を使って駆けつけることが重要になってきます。敵のSupportがギャンクしてきそうなときには前もってカバーに入っておくこともよいですね。

加えてMidが充分にファームするには、敵Midに対するプレッシャーが必要です。Mid戦は、{bottle}や{boots}がどれだけ早く手に入るか、レベルに差があるか、HP残量に差があるかでファームのしやすさが格段に変わります。ルーン確保やMidギャンク、{tp}でのBottle Refillトリックで支えることができるでしょう。

自身にレベル6を入れることの大切さ

Supportといえどレベル6で取得するUltはどれも強力です。たとえば{lion}や{wd}といったSupportヒーローは、Ultを取得した瞬間に敵をソロキルできる能力を秘めています。そのため、味方CarryやMidに経験値をあげることも重要ですが、自身のレベルのためにも経験値を分けてもらう必要があります。

経験値を得る方法はさまざまですが、

  1. レーンでCarryと一緒に経験値を得る
  2. ジャングルを狩る
  3. ジャングルスタックをしてCarryに狩ってもらい経験値を得る
  4. 空いたレーンに入る
  5. {book}を買う

の5つの方法があります。レーンで経験値を得るだけがレベルを上げる方法ではないことを頭に入れておくとよいでしょう。

Support概論 第1回は序盤のSupportの目的についてでした。第2回はSupportがその目的を達成するためにどう行動するかを解説します。どう行動すればよいかが分かれば、ぐーんとスキルアップできること間違いなし!?

なお、Support概論だけでなくCarry概論やMid概論も準備しています。こうご期待!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です