Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

ジャングルスタック術~より効率よくファームしよう~

ジャングルスタック術~より効率よくファームしよう~

Hello, DOTAKITI guys!さてさて始まりました、初心者をベリーハイまで導くための支援ブログ「Dota2道場」!レーニング講座やビルド解説、Dota2の最新情報など、初心者がうまくなるための情報をどんどん発信していきますので、よろしくお願いします!

そんなDota2道場の1発目のトピックは、「ジャングルスタック」です。記事のレベルは、MMR2500~3000相当の中級者を対象としています。
これを覚えれば、みんなに感謝されること間違いなし!?

1.ジャングルスタックとは?

スクリーンショット 2015-07-07 14.22.01

ジャングルスタックとは、ジャングルの中立クリープをタイミングよく殴ってひきつけることで、同じ場所に2グループ以上の中立クリープを貯めることだ。こうしてスタックして数が増えた中立クリープをAoEスキルや{bf}などのクリーヴで狩ることで、大量のお金と経験値を短時間で得ることができる。
Supportが3,4スタックし、CarryやCoreがレーンでファームする合間に狩ると、レベル・アイテムともに一気に育つことができる。Supportを極めたいと考えているプレイやーにとって必須スキルといえる。もちろん、CarryやCoreのプレイヤーも習得しておかなければならない技術だ。

2.各スタック方法

主なキャンプは52~53秒で中立クリープに攻撃を与えて引っ張ることでスタックが可能だが、中には54~55秒に殴ることでしかスタックできない中立キャンプも存在する。以下に、各キャンプのスタック時間と、スタックする時に注意すべきポイントを紹介する。

neutralcamp

Radiant側1
ラージクリープという強めのクリープが沸く中立キャンプ。3~4スタックまで可能。52~53秒に左か上に引っ張るとスタックできる。
Radiant側2
ミディアムクリープという中程度の強さのクリープが沸く中立キャンプ。クリープの種類しだいで1スタックのみ可能。55秒に上か右に引っ張ると可能。
Radiant側3
ラージクリープが沸く中立キャンプ。3~4スタックまで可能。52~53秒に左に引っ張ると成功率が高く、次点で右。下に引っ張ると成功しにくい。
Radiant側4
ミディアムクリープが沸く中立キャンプ。1スタックまで可能。54~55秒に右に引っ張ると成功する。
Radiant側5
スモールクリープという弱めのクリープが沸く中立キャンプ。1スタックまで可能。52秒に左右下・もしくは上の木を{tango}で切って引っ張ることも可能。
Radiant側A
エンシェントクリープという、かなり強いクリープが沸く中立キャンプ。4スタックまで可能。52~53秒に下か上に引っ張るとスタックできるが、2スタック目以降は下のみ。

Dire側1
ラージクリープが沸く中立キャンプ。3~4スタックまで可能。52~53秒に上か左に引っ張る。
Dire側2
ミディアムクリープが沸く中立キャンプ。2スタックまで可能。54~55秒に上か左・もしくは木を切って右に引っ張る。
Dire側3
ミディアムクリープが沸く中立キャンプ。2~3スタックまで可能。53秒に上か右に引っ張る。
Dire側4
スモールクリープが沸く中立キャンプ。1スタックまで可能。53秒に上か右に引っ張る。
Dire側5
ラージクリープが沸く中立キャンプ。3スタックまで可能。53秒に右か右上に引っ張る。木を切って左に引っ張ることも可能。
Dire側A
エンシェントクリープが沸く中立キャンプ。3スタックまで可能。53秒に左か上に引っ張るが、2スタック目以降は左のみ。

3.ダブルスタックについて

通常、1人のプレイヤーが一度に殴ることができるクリープは1体までであるため、1度に1キャンプしかスタックすることができない。しかし、地点指定で使用できるスキルを持つヒーローだと、同時に2つのキャンプをスタックすることができる。例えば{vs}の2番目のスキルWave of Terrorは、地点指定で使用できる。53秒に1つ目のキャンプのクリープを殴った後、そのクリープを引っ張りながら2つ目のキャンプにこのスキルを使うことで、ダブルスタックが可能である。

Dire側
キャンプ1と2を使ったダブルスタック。53秒でキャンプ1のクリープを殴った後、上に走りながら55秒にキャンプ2に向けてスキルを撃ち、そのまま上に走る。

キャンプ2と3でも可能。同様に53秒でクリープを殴った後、55秒にスキルを撃つ。

 

また、ダブルスタックをするためにはスキルを使うため、ヒーローによって可能かどうかは異なる。
持っているスキルの条件は、<地点指定であること><スロウがかからないこと>の2つである。
{lina}の1番Dragon Slave
{vs}の2番Wave of Terror
{kotl}の1番Illuminate
{sf}の3番Shadow Raze(Long Range)
{alche}の1番Acid Spray
{wr}の2番Power Shot
{zeus}の2番Lightning Bolt
{puck}の1番Illusory Orb
…などなど。

以上で紹介したヒーロー以外にも、{chen}や{encha}のスキルや{dominator}のアクティブ効果によって操作できる中立クリープを用いたり、{bottle_illu}によるイリュージョンを用いてスタックすることも心がけるとよいだろう。

4.スタックの限界

何度もスタックしていると、1つのキャンプにいる中立クリープの数が増えすぎてしまう。すると、次のスタックをしようと殴って引っ張るときにクリープ同士がぶつかってしまい、それ以上スタックができなくなってしまう。

キャンプによって異なるが、おおよそ3~4スタックが限界である。スタック時間が55秒のキャンプだと、1スタックが限界だ。そのため、CarryやCoreをプレイする場合は、サポートが次のスタックをできるように、早めにジャングルスタックを狩ることを心がけよう。

5.エンシェントスタック

Radiant側Dire側それぞれに1か所ずつ、エンシェントキャンプが存在する。他のキャンプとは異なるクリープが沸いており、その多くは魔法ダメージ無視の特性を持っている。そのため、AoEスキルで狩ることが難しく、クリーヴや物理ダメージのAoEスキルを持つヒーローに適している。

エンシェントクリープを狩るメリットだが、入手できるお金と経験値が他に比べて多い。通常のキャンプだと1スタックあたり100ゴールドちょっとだが、エンシェントはおよそ250ゴールドも手に入る。経験値についても、約1.5倍ほど入手することができる。このエンシェントスタックを行うことで、CarryやCoreはものすごい早さでアイテムを揃えることができる。逆に、相手にエンシャントスタックをされるとアイテムに差がついてしまう。そのため、相手のエンシェントスタックを発見したら妨害しなければならない。

余談

「Supportでジャングルスタックしてたら、10分になってもレベルが6にならない…。」
「ジャングルスタックしたけど、結局ファームが遅かった…。」

そんな経験をしたことがあるでしょう。もし経験していなくても、今後経験することがあるのではないでしょうか。
そのようにスタックが功を奏さない事には、いくつか理由があります。

1.味方のCoreやCarryがジャングルスタックを素早く狩ることができない。
{bs}や{ck}など、AoEスキルやクリーヴを持たないCarryも多く居ます。そのようなファーム性能の低いヒーローのために、Supportがレーンでの経験値を放棄してまでスタックする必要はありません。むしろ、スモークを使ってガンガン戦ってあげることが、結果的にスタックするよりもファームの早さにつながります。
また、{sven}や{luna}はスキルをどのように取っていくかでジャングルスタックを狩ることができるかが変わってきます。スタックをするなら、「ジャングルを狩るためのスキルを取っておいてくれ」と一言言っておきましょう。

2.キャリーが1人でジャングルスタックを狩っている。
ジャングルスタックに勤しんでいたサポートは、当然レベルが低いです。その遅れた経験値を、Carryと一緒にスタックを狩ることで巻き返しましょう。{lion}や{sk}だとスタンを当ててあげることでCarryがダメージを受けずにスタックを狩ることができるので、お互いにメリットがあります。

3.スタックを狩る時間が遅い
スタックを狩ることの恩恵を最も得られるのは、Carryが1つ目のコアアイテムを完成させるまでです。例えば{sf}なら{eul}や{bkb}を完成させるまで、{storm}なら{bloodstone}や{orchid}を完成させるまでです。CoreやCarryに1つコアアイテムが入ると戦況はぐっと楽になりますので、これをより早く作らせるのがジャングルスタックの目的です。

CoreやCarryをプレイするのなら、可能な限り早めに狩ることを心がけましょう。目安はレベル7、ちょうどAoEスキルがレベル4になるタイミングです。
Supportをプレイするのなら、10分を過ぎてからスタックに勤しんでも効果は薄いですので、4~10分ぐらいに1つのラージキャンプをスタックし続けます。10分を過ぎてからは、時間を見ながら暇があればスタックする程度でいいです。
※ただしエンシェントスタックは10分を過ぎても効率が良いので、暇があれば積極的にスタックしましょう。

4.勝てるレーンを放棄してジャングルスタックしている
Supportをプレイしているプレイヤーがしてしまうミスです。
Supportの本業は、味方のCarryを死なないように助け、そして対面のヒーローに対してプレッシャーをかけることです。こちらのCarryひとりだけじゃレーニングで負けてしまうけど、Supportと2人なら全然勝てる!という状況はよくあることです。いくらジャングルスタックをしても、Carryがレーンでファームできないようなら元も子もありませんよね。

ジャングルスタックに勤しむときのポイントは、
a.自分がレーンをサポートしに行かなくても味方が勝っている
b.自分がレーンをサポートしに行ったとしても勝てない

レベル1の状態から、味方のCarryが対面のヒーローに勝っている状況は少ないです。まずレーンをサポートして、味方のCarryが勝てるように助けてあげましょう。たとえ倒せなくてもスキルを使って瀕死にし、レーンの経験値を吸わせないようにすることができれば、おのずと「a.味方が勝っている」状況になります。
b.の状況はなるべく避けたいですが、例えば対面に{undying}など、どうしようもない状況もあります。そんなときは、ジャングルスタックをしながら他のレーンを助けてあげましょう。



記念すべき第1回のDota2講座はいかがでしたでしょうか?もう知っていたことも、新しく知っていたこともあったでしょう。また、ここはこうした方がいい!だとか、ここはどうすればいいの?など、みなさんの意見や疑問をお待ちしております。ぜひ、下のコメント欄にコメントしてください!
Dota2道場は、これからも役立つ情報を発信していきますので、これからよろしくおねがいします。

7

コメント一覧

新規のコメントはこちらから

  1. ai

    中立クリープを引っ張る時間を場所ごとに書いてくれているので、すごくためになりました
    あとコメントするときのメールアドレスの入力は任意にしたほうがいいと思います

    1. desho

      コメントありがとうございます。励みになります。
      コメントの際のメールアドレス入力についてのご指摘ですが、名前の入力を必須にする際に、同時にメールアドレスの入力を必須にしてしまうWordPressの仕様でして、お手数ですがaaa@aaaでよいので入力をお願いいたします。また、こちらからメールアドレスに対して連絡をすることはありませんのでご心配なさらないでください。
      名前の入力のみ必須にできるよう善処いたします。

  2. TI

    わかりやすくてとても参考になりました!

  3. TM

    為になる…ありがとう!

    ・マイクロ(多数ユニット操作)のコツやオススメのキー割り振り
    ・スモークギャンクのコツ

    なども、お時間あったら記事作ってくれませんか?

    1. Lillie

      コメントありがとうございます。マイクロやスモークの使い方については、Dota2における重要な要素なので記事を出すことを予定しています。

  4. ナナナ

    はじめまして^^
    初心者にとってはすごく参考になる記事でした

    出来ればプルについての記事も見たいな~と思っているので暇な時に是非作ってください!
    Dire側5のラージクリープのプルやRadiant側4・5のダブルプルなどのタイミングがまだイマイチわからないですw

  5. yoroppi

    dire側1   10スタックまでできるよ
    https://gyazo.com/c7e124f7bfd6dd68fff5a31eee90ee3f

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です