Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

大会ルール

参加プレイヤー・チームについて

1. 大会に参加する選手

1.1. 参加資格

大会に参加する選手は、申請したプレイヤー名・アカウントで出場する。
公序良俗に反するプレイヤー名でない。
過去にVACBAN歴がない。
過去のDota2道場主催の大会または他主催の大会において、大会運営を妨げる行為を行っていない。
過去に替え玉出場をしていない。また、替え玉出場を頼んだこともない。
他のプレイヤーや運営と友好的に接することができる。
日本在住で日本語でコミュニケーションをとることが可能であること。

1.2. 選手の権利

1-1.の参加資格を満たしているプレイヤーは、自由に参加/棄権することができる。
大会ルールについて、運営に質問し、回答を得ることができる。
大会進行やルール適用に誤りがある場合に、対処を要求できる。

1.3. 選手の義務

スポーツマンシップに則って、対戦相手に敬意を持って試合に臨むこと。
試合中はDotaTVや配信を見てはならない。(その他ゴースティング行為の禁止)
バグやシステムを悪用してはならない。
何らかの不具合が発生した場合には、運営にその旨を報告しなければならない。

2.大会に出場するチーム

2-1.チーム構成

プレイヤー数:5~7人(コーチ含む)

2-2.チーム参加条件

所属するプレイヤーが、1-1.参加資格を満たしている。
所属するプレイヤーが、その大会に出場する他のチームに所属していない。
チーム名が公序良俗に反していない。

2-3.スタンドイン(Standin)

大会に参加する他のチームに所属していないプレイヤーを、スタンドイン(Standin)として試合に出場させることができる。
スタンドインで出場したプレイヤーは、他の参加チームのスタンドインになることはできない。
1つの試合におけるスタンドインは、各チーム2人までとする。
スタンドインを加える場合は、運営と相手チームに許可を取る。
スタンドインも選手として扱い、1.大会に参加する選手 に準ずる。

2-4.コーチ

コーチが入ることのできる大会では、1チーム2人までコーチに入ることができる。
コーチにスタンドインを入れることはできない。
コーチも選手として扱い、1.大会に参加する選手 に準ずる。

大会進行について

3. Discordの導入

Dota2道場の大会では、諸連絡をDiscordで行う。Discord導入について
大会に参加するチームのリーダーには、Steamチャットで事前にDiscordチャンネルへの招待URLを送信する。各チームリーダーはそのURLからDiscordチャンネルに参加し、諸連絡を受けられるようにしておく。

SteamチャットでDiscordの招待URLを送信するため、各チームリーダーは運営DeSHoとSteamフレンドになる必要がある。運営からフレンド申請を行うので、承認すること。

4. ロビー

各チームはDiscordの連絡を見て、決められたロビーに入る。
ロビーは、運営が作成する場合と、参加チームで作成する場合がある。

4-1.運営によるロビー作成

運営がロビーを作成した旨をDiscordのチャットに書き込むので、それを見てロビーに入る。

4-2.各チームによるロビー作成

Discordチャットで事前に伝えられたロビー作成方法を見ながら作成する。
ロビーを作成するのは、原則としてトーナメント表で上側に書かれているチームとする。

5.陣営とピック順

ロビーが作成され、両チームのメンバーがそろったら陣営とピック順を決定する。
ロビーチャットにて両チームのキャプテンが「/roll」と入力し、出た目の大きい方が「陣営選択権」「ピック順選択権」のどちらかを得ることができる。
出た目の少ない方が、残った権利を得ることができる。

6.遅刻

試合開始時間を10分過ぎた場合、揃わないチームを棄権とし、その試合を負けとする。両チームとも揃わない場合には、両チームとも負けとする。

試合中のルール

7.ポーズ

ポーズを使用する際は、ポーズする旨を全体チャットで言った後にポーズすること。また、集団戦中のポーズなど悪意のあるものについては、運営の判断で罰則を与える。
試合中のポーズ時間は、各チーム10分とする。これを超える場合は、強制的にポーズを解除する。

8.不正行為、バグの悪用

試合進行に支障をきたすバグが発生した場合は、ポーズをし運営に報告すること。
運営が不正だと判断する行為は禁止する。
不正行為に当たるか分からない場合は、運営に事前に相談する。
故意ではなくこれらのバグ利用、不正行為をした場合でも、ペナルティの対象になる。

9.カスタムデータ、ツールの使用禁止

スキン・テクスチャ・HUD・マウスカーソルや外部ツールなど、ゲーム内で実装されている以外のデータを外部から取り込むことを禁止する。

10.再戦

ドラフト中に何らかの不具合が生じた場合には、1度ドラフトを終わらせてから再度ロビーを作成する。

ドラフト終了後の不具合については再試合を基本的に認めない。

大会レギュレーションについて

11.リーグ戦

リーグ戦において同率順位の場合、リーグ全試合を通してキル数が多いチームを上位とする。キル総数が同数の場合は、デス総数が少ないチームを上位とする。