Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

ロシャンについて知ろう!~ロシャン周りの視界とどういう状況で倒すか~

ロシャンについて知ろう!~ロシャン周りの視界とどういう状況で倒すか~

こんにちは!今日の記事は、ロシャンの周りの{observer}とどういう状況でロシャンを倒しに行くのかについて紹介します。前回のロシャンの記事では、ロシャンの概要や倒す時のオススメアイテムなどについて紹介しましたが、まだ見てない方は、こちらを先に見ることをオススメします。

前回の記事→ロシャンについて知ろう!~ロシャンの概要と倒す時のオススメアイテム~

1.ロシャン周りの視界

ロシャンの場所の中から外の視界は、取れない仕様になっています。
ロシャンを倒している時に外の視界がないということは、敵の接近に気づかないので奇襲を受けやすい状況になってしまいます。そこでロシャンを倒す前の状況作りとして、{observer}を置き、敵の接近に対して素早く対応できるようにしましょう。自身がRadiantの場合とDireの場合に分けて{observer}を紹介します。

Radiantの場合

①ロシャンの前の視界が良く取れる{observer}です。
ロシャンの前で敵の接近が分かり、集団戦が起きた時に視界があるので非常に戦いやすいワードになっています。ロシャンを倒す時は、必ず置きましょう。
radi_roshan_ward1
radi_roshan_ward2

②Dire側のエンショントクリープとDire側のMID Tier 1タワーから接近してくる敵が見えます。
このワードで敵が見えた場合、状況によっては、集団戦をしたり、逃げたりなどの判断をすることができます。
radi_roshan_ward3

③Dire側のBOT Tier 1 2タワー付近の木の間の視界が取れます。
ロシャンの場所に非常に近い場所なのでここからロシャン内にスキルを打てるヒーローが敵にいる時は、置きましょう。
radi_roshan_ward4

④Dire側のシークレットショップが見えます。
Dire側のかなり奥目まで視界が取れるので②の{observer}に比べ敵の接近に対して余裕をもって判断をすることができます。
radi_roshan_ward5

Dire側のワード

①ロシャンの前の視界が良く取れる{observer}です。
ロシャンの前で敵の接近が分かり、集団戦が起きた時に視界があるので非常に戦いやすい{observer}になっています。
dire_roshan_ward1

②Radiant側のMIDレーンからロシャンに接近してくる敵が見えます。
この{observer}で敵が見えた場合、状況によっては、集団戦をしたり、逃げたりなどの判断をすることができます。
dire_roshan_ward2

③Radiant側のBOT Tier2タワーからロシャンに接近してくる敵が見えます。
置けることならもう少し奥目に置いてもいいでしょう。
dire_roshan_ward3

ここで紹介したロシャン前の{observer}と敵の接近が分かる{observer}を一個ずつ置くと視界に関しては、かなりの有利を取ることができます。また、デワードも同時に行うことでロシャンを倒していることがバレにくくなるので是非しましょう!

2.ロシャンを倒すことができる状況

ロシャンを倒す上で重要なことは、敵に気づかれにくく邪魔されないことです。
ロシャンを倒している時に集団戦を仕掛けられると構成にもよりますが、ほとんどの場合は、当たり方が悪いので負けてしまいます。なので、味方チームがロシャンを倒している時に敵チームがロシャンに寄ってくることができない状況を作ってから行くようにしましょう。

集団戦で勝った場合

集団戦に勝つとタワーを破壊する、ロシャンを倒す、ファームをするなどの判断をする場合があります。集団戦に勝利すると敵ヒーローは、リスポーン待ちなのでマップ上にいません。その時にタワーを破壊できるのかなどを敵のリスポーン時間とレーンクリープの位置などで総合的に判断しましょう。

集団戦に勝利し、ロシャンを倒しに行く時には、次のことに注意しましょう。

敵のリスポーン時間

敵がリスポーンするまでにロシャンを倒すことができれば最初に言ったように邪魔されずに倒すことができます。味方チームの構成や育ち具合からロシャンに与えるダメージと掛かる時間を予想しましょう。
参考までにヒーローのリスポーン時間は、ヒーローのレベル×4で大体の数値がでます。

レーンのクリープの位置

クリープの位置が敵タワーに近い場合、敵はタワーを守りに来るので敵がリスポーンした後も少し時間を稼ぐことができます。集団戦で勝利したあとにロシャンにメインでダメージを出せるヒーローは、ロシャンを倒しに行き、プッシュのできるヒーローはレーンを押して敵がクリープを処理する時間を稼ぐのもいいでしょう。

下の画像では、Radiant側のTier3タワー前までクリープが来ているため、Radiant側はこれを処理してレーンを押してからロシャンに行かなければならないので時間が掛かる。
roshan_zyokyo_minimap_creep

残りのタワー

敵タワーが残っているとそこにテレポートできるので敵がロシャン来るまでの時間が短くなってしまいます。ロシャンを倒すことで有利をとるつもりならばBOTやMIDあたりのタワーは破壊しておくといいでしょう。

下の画像では、Radiant側のBOTとMIDのタワーが破壊されているため、Radient側はオレンジの線を歩いてロシャンに行かなければならないので時間が掛かる。
roshan_zyokuo_minimap

上記を参考に敵が来るまでにロシャンを倒せると判断したら行くといいでしょう。

レーンを押す場合

例えば、事前に味方4人のヒーローをロシャンの近くに配置し、{np}や{tinker}などでTOP Tier3タワーまでレーンを押して敵ヒーローがテレポートして守りに来ると、そのヒーローはロシャンに行くまで時間が掛かります。
その隙に事前に配置した味方4人のヒーローでロシャンを倒し始めるという戦略があります。{np}や{tinker}なら味方にテレポートできるので、すぐ5人でロシャンを倒すことができます。
もし、敵がロシャンを倒していることに気づいて、集団戦を仕掛けてきても5対4なので人数の有利があります。

このようにレーンを押して敵がクリープを処理している間にロシャンを倒すのも効果的です。

{smoke}を使う場合

敵チームがロシャンの周りにワードを置いている場合、それを逆手に取って{smoke}を使うとバレずにロシャンを倒すことができます。{smoke}を使用中は、{observer}に映ることがありません。また、{sentry}で看破されないという性質があります。特に序盤で{ursa}や{lycan}などのソロまたは少人数でやると効果的です。

この方法をするために、{smoke}をアイテムスロットにずっと持っていては、非常に怪しまれるので{smoke}を使う際には、{courier}から使用しましょう。また、{smoke}中は、通常攻撃以外の方法では解けないのでロシャンに入る前にロシャン前の{observer}を置くようにしましょう。


ロシャンを倒しにいくというのは、なんとなくで行くのではなく、確実にロシャンを倒せる状況を自身で作ってから行きましょう。
Dota2では、似たような状況はあるけれどまったく同じというものはないので、そこは回数をこなして自分で判断できるようになると上手くなると思います。


この記事に関してのフィードバックや感想がありましたら下のコメントから送ってください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です