Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

第1回リプレイ添削リレー企画 ~Guardianランク編~

第1回リプレイ添削リレー企画 ~Guardianランク編~

第1回目の今回はGuardianのmikakaさんのリプレイをArchonのmiz senpaiが添削します。mikakaさんがGuardian帯を抜けるために必要なことを指摘していきます。試合全体を添削するとボリュームが多すぎるので、「試合開始から8分まで」と「8分から16分まで」の2つの時間帯についてそれぞれ3つのアドバイスと最後に全体を通したアドバイスをしたいと思います。

マッチID:4141400521 mikakaさんはClinkzをプレイしてます。

 

試合開始から8分まで

Dire側botサイド: Clinkz & Veno VS Lina & BB

 

「magic stick」を買おう

まずアイテムについてですが、必ず「magic stick」を買ってください。今回の対面のBBはスキルファイターで2番のスキルを使いながらレーンフェーズを戦うヒーローです。対面にBBがきたとわかったらすぐに「magic stick」を購入しましょう。また、どんなヒーローきてもレーンフェーズのどこかのタイミングで必ず「magic stick」を持ってください。序盤に回復アイテムを持つと戦闘継続力が全然違います。さらに「magic stick」は状況判断力を養うのに最適なアイテムでもあります。戦闘中に使えるアイテムを常に持っていることになり、どのタイミングで「magic stick」を使うべきかを意識するようになります。毎試合「magic stick」を購入して、アクティブアイテムを使う練習をしましょう。

 

対面の動きをよく見よう

この試合で一番悪かったところは4分頃に味方のVenoがBBにソロキルをされた場面だと思います。同じレーンにいながらタワーダイブしてきたBBを見逃してしまいました。このシーンではBBの動きに気付けていたら、タワーと挟み撃ちにしてキルをとれたと思います。Venoをうまく助けられなかったことで信頼を失い、Venoはトップに行ってしまいます。その結果2対1を強いられることになり、苦しいレーン戦がさらに苦しくなりました。

 

レーンでは「LH」「Deny」、そして「ハラス」

今回は対面がBBということもあり、ダメージを受けたくないあまりに何もしていまい場面が目立ちました。Clinkzの2番スキルは強力なハラスになりますが、それも使えていないことが多かったです。レーンフェーズでのキャリーの仕事は「LH」と「Deny」だけでなく、対面への「ハラス」です。「LH」「Deny」もできないときは敵へ「ハラス」を考えてください。「ハラス」を意識することで自然と対面の動きを見る癖がつきますし、キルチャンスを作ることもできるはずです。前述したBBを見逃してしまったのも、「ハラス」の意識が足りなかったことが原因だと思います。最初の話に戻りますが、「magic stick」を持つことで、BBのスキルを受けながらの積極的なレーニングが可能になります。

 

8分から16分まで

アイテムの使い時

11分ごろにLCのDuelにあわせて戦っていたのにマナがなくて2番が使えないためにDuelボーナスを取り損ねる場面がありました。この時はマンゴーを持っていましたので、これを使えば2番を使い続けることが可能でした。自分の持っているアイテムを確認して適切なタイミングで使えるようにしましょう。マンゴーはHPリジェネよりもマナ回復のためのアイテムですので、マナがないときは積極的に使っていきましょう。

 

スキルを再確認しよう

レベル6以降ultを使わないまま集団戦に参加するシーンが目立ちました。Clinkzのultは集団戦で使うスキルではなく、集団戦の前に使っておくべきスキルです。スキルクールダウンには細心の注意を払ってください。また、Clinkzのすべてのスキルについて再確認が必要だと思います。それぞれのスキルはどういう効果を持っていて、どういう点が強いのかを自分なりに分析してください。スキルへの深い理解はヒーローを活躍させるための第一条件です。

 

1番強い時間帯を考えよう

今回のように味方midのinvoが序盤からゲームメイクできている場合は、集団戦よりもファームを優先させましょう。キルをとれる場合は集団戦に参加してもよいですが、戦闘が終わったらすぐにファームに戻ります。タワーを折るとき以外は極力ほかのキャリーがいないレーンに行くことを心がけます。中盤のキーアイテムである「Orchid」の完成を急ぎましょう。

序盤から活躍しているヒーローは中盤以降集中的に狙われて、後半は失速する可能性があります。試合の流れがきているうちにキーアイテムを完成させて終盤の柱になることが大事です。Clinkzをピックしているからには最後には自分が1番強くならなければいけません。敵を探して結果として何もできていないことが多かったので、とにかくファームすることを心がけましょう。

 

 

全体を通して

自分の良かったプレイを分析しよう

試合が終わった後は悪い点を反省するとともに、良かったプレイを振り返りましょう。16分までで言えば7分すぎにBBをソロキルした動きはすごく良かったと思います。集団戦では無我夢中でなんだかよくわからないうちにキルがとれたということもあると思います。そういったプレイを分析しないと、同じような場面がきたときに同じように活躍できません。スキルのタイミングや戦闘への入り方・アイテムの使い方など、何が良かったのかを分析して次へつなげていきましょう。

 

自分自身の技量を磨こう

Guardian帯では味方とうまく合わせられないと感じているかと思いますが、これはある程度仕方がないことです。なぜなら、自分のプレイに余裕が持てるようになって初めて周りが見えてくるようになるからです。まずは周りの味方とあわせることより、自分自身がよりうまくヒーローを使いこなすことに集中してください。スキルやアイテムの使い方など自分なりの勝てるプレイスタイルを作り上げることが大切です。今は集団戦よりも個人の技量を磨く段階だと割り切っていいと思います。

安心してください。自分が10人の中で1番うまくなれば1kの試合は簡単に壊すことができるのですから。

リプレイ添削は初めての試みでしたが、いかがでしたでしょうか。

今回は動画を入れようか悩みに悩んで、結局入れませんでした。
どの解説は分かりやすかった、ここは動画がないと分かりにくかった、等を教えていただけると、次回から解説動画を入れるのに大変助かります。
読んでいただけた方はお手数ですが、コメントで教えてください!
ご協力、よろしくおねがいします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。