Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

ラストヒット超入門編~上手にラストヒットを取ろう~

ラストヒット超入門編~上手にラストヒットを取ろう~

こんにちは!!今日はラストヒットのお話をします。
Dota2を始めたばかりの初心者を対象にしています。

1.ラストヒットとは

敵クリープや敵ヒーローに止めを刺すと、ゴールドを得ることができます。これがラストヒットです。
また、味方のクリープに止めを刺すことはディナイと呼ばれています。ディナイをすることで、敵が得るゴールドと経験地を減らすことができるので、序盤のレーニングにおいて重要です。

ラストヒットを取ったとき、倒したクリープの上に黄色の文字で取得ゴールドが表示されます。
ラストヒット

ディナイを取ったとき、ディナイされたクリープの上に!マークが表示されます。
ディナイ

2.自動攻撃をオフにする

自動攻撃とは、自分のヒーローの近くにいる敵を自動で攻撃してくれる機能です。しかし、ラストヒットは、タイミングよく自分で攻撃しないとうまく取れないので、この機能はオフにしましょう!

左上の歯車マーク->オプションタブ->自動攻撃の項目があるのでチェックを外すとオフになります。
キャプチャ

3.右クリックでディナイできるようにする

デフォルトの設定では、アタックムーブキー(初期振り当て:A)を押してから味方クリープをクリックすることでディナイをすることができます。しかし、この方法ではディナイをするまでに2回ボタンを押さなければなりません。そこで、ラストヒットと同様に右クリックでディナイできるようにする設定を紹介します。

以下の記事を参考に”autoexec.cfg”を作成し、その中にdota_force_right_click_attack “1”と記述すれば設定は完了です。
Dota2の設定をしよう!~コンフィグ編~

4.どうやってラストヒットを取るか

ラストヒットを取るためには、自分が使っているヒーローについて知ることが重要です。ヒーロー毎に基礎攻撃力、MeleeかRange、スキルの性能などの違います。

A.基礎攻撃力

攻撃力が高ければその分ラストヒットが取りやすくなります。なので、開始直後のアイテムは回復アイテムの{tango}や{salve}に加え、自分のステータスが上がるアイテムを買って攻撃力を上げましょう!

B.MeleeとRange

Meleeヒーローは、攻撃アニメーションが短く、ラストヒットを取りやすいです。最初は、Meleeヒーローでラストヒットの練習をおすすめします。
一般的にRangeヒーローは攻撃モーションが長く、また攻撃がクリープに当たるまでの遅延もあるのでラストヒットを取るのが難しいです。しかし、下の画像のように、クリープとの距離を短くすれば攻撃が当たるまでの遅延を無くすことができるのでラストヒットを取りやすくなります。邪魔が入らないときにやりましょう。
tikai

C.スキルを使う

通常攻撃に追加の攻撃力を与えるスキルを使うことでラストヒットが取りやすくなります。

{clinkz}の2番 Searing Arrows
{od}の1番 Arcane Orb
{ursa}の3番 Fury Swipes
などがあります。

一定の範囲にダメージを出せるAoEスキルで使うことで素早くクリープを倒せます。ただし、MPを消費するのでよく考えて使いましょう。

均等にクリープのHPを減らし,
creep kezuri

AoEスキルで一気にラストヒットを取ります。
aoe lh


今回は、ラストヒットについて簡単に触れました。次回は味方タワーの攻撃や敵ヒーローの攻撃を考えた上でのラストヒットの取り方について説明したいと思います。


この記事に関してのフィードバックや感想がありましたら下のコメントへどうぞ!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です