Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

知ってるとお得♪なキー操作 Vol.1~アタックムーブキー~

知ってるとお得♪なキー操作 Vol.1~アタックムーブキー~

みなさんこんにちは!ここのところ猛暑日が続いていますね。Dota2をプレイしてたら脱水症状で倒れてた…なんてことのないように、体調管理に気をつけましょう!

さて、今回から始まります『知ってるとお得♪なキー操作』シリーズ。オプションの設定欄にあるキーコンフィグですが、「この項目はなんだろう?何のためにあるの?」と思うことがあるでしょう。そんな疑問にお答えすべく、キー操作を解説してまいります!
すでに知っている操作でも、「へぇ~こんな使い方があったんだ!」と新たな発見があるかもしれません。Dota2プレイヤーなら一見の価値アリです!

今回は第1弾ということで、『アタックムーブ』について紹介します。Aキーで出来る操作を一挙紹介!

1.アタックムーブとは

2015-08-15_00002

みなさんは、自分のヒーローを移動させるときは、地面を右クリックしてその地点まで移動させますよね。これは、ただの「ムーブ(移動)」という操作です。

アタックムーブは、指定した地点まで移動することには変わりないのですが、途中で敵を見つけると攻撃を始めます。すなわち、「攻撃しながら移動」という操作です。

初期設定ではAキーです。たいていのプレイヤーがAキーのままで使用しています。

以上の通り、アタックムーブは「攻撃しながら移動」という操作で、リアルタイムストラテジーのジャンルをプレイしたことのある方なら理解が早いかと思います。しかしDota2では、このアタックムーブに他の機能も割り当てられているのです。

2.ディナイ

アタックムーブに割り当てられている他の機能として、「強制攻撃」という機能があります。

敵ヒーローやクリープを攻撃するときは、対象を右クリックするだけで簡単に攻撃できますよね。しかし、味方ヒーローを攻撃しようとして右クリックしても、攻撃することはできません。味方ですから、間違えて攻撃してしまうことのないように、右クリックでは攻撃できないようになっています。

しかし、味方を攻撃したい場合もあるでしょう。そんな時に、アタックムーブキーのもう1つの機能である「強制攻撃」を使うのです。右クリックでは攻撃できなかった味方を、Aキーを押しながらクリックすることで強制的に攻撃することができるのです。

「味方を攻撃したい場合なんてあるのかよ!」と思うかもしれませんが、実はあるんです。それは、味方にとどめを刺す場合です。Dota2では、敵のヒーローやクリープにとどめを刺す(=ラストヒット)ことでゴールドや経験値を稼いでいます。ということは、敵がとどめを刺す前に、味方のヒーローやクリープにとどめを刺すことができれば、敵はゴールドを稼ぐことができなくなってしまうのです!

この、「味方にとどめを刺す」という動作のことを「ディナイ」と呼びます。

A.味方クリープのディナイ

deny_creep

味方クリープをディナイすると、以下のメリットがあります。

  • 敵ヒーローはゴールドを稼ぐことができない
  • 敵ヒーローが得る経験値が通常の半分になる

Dota2とは、敵よりもゴールドと経験値を多く手に入れることで勝つゲームなので、相対的に敵のゴールドと経験値を減らせば有利ですね。

なお、味方クリープの残りHPが半分以上あると、Aキーを押しても強制攻撃できません。強制攻撃できるのは、残りHP50%以下になった味方クリープのみです。

味方クリープを攻撃するごとにAキーを押すのがかなり面倒です。しかし設定を変えることで、右クリックで味方クリープをディナイできるようになります。

設定方法は以下の記事をご覧ください。
Dota2の設定をしよう!~コンフィグ編~

B.味方タワーのディナイ

deny_tower

自分のタワーが敵に破壊されると、誰が破壊したかに関係なく敵チーム全員にゴールドが入ります。

そこで、敵にタワーを破壊される前に自らタワーをディナイした場合、以下のメリットがあります。

  • 敵チーム全員が得るゴールドが半分になる
  • 敵がタワーのラストヒットを取ることができない(クリープと同様にタワーにもラストヒットが存在し、ヒーローがラストヒットを取るとより多くのゴールドを得ることができる)

タワーのディナイは、タワーのHP10%以下の時のみ可能です。

C.味方ヒーローのディナイ

deny_hero

味方ヒーローは、特定のスキルの効果を受けている状況でのみディナイすることができます。

味方ヒーローをディナイすると、以下のメリットがあります。

  • 敵が得るゴールド、経験値がゼロになる

ディナイしたとしても、死んだ味方ヒーローは同様にゴールドを失います。

以下の3つのスキルを受けている時、ディナイ可能になります。

  • {doom}のウルト Doom
  • {venomancer}1Venomous Gale
  • {qop}1Shadow Strike

3.アタックムーブの使い方

「攻撃しながら移動」という機能に戻って、使い方を紹介します。

A. 複数ユニットの操作

attackmove

{chen}{encha}{enigma}などの召喚ユニットを操作するヒーローを使う時に、アタックムーブが便利です。

ジャングルを回っているとき、次のキャンプに着いたら勝手に攻撃を始めてほしいときがありますよね。ショップを見たい時とか、他のレーンの動きをみたい時とか。そんなときに、召喚ユニットを選択して次のキャンプに向けてアタックムーブ「A」キーで移動させると、自動で中立クリープと戦ってくれます。

また、{np}3Nature’s Callで召喚したトレントでプッシュをしたい場合には、レーン上を「A」キーで移動させることで、レーンクリープに遭遇したら自動で攻撃してくれます。

B.木々の隙間に逃げ込んだ敵の追い打ち

chase_tree

あと1発攻撃すれば倒せる!でも森に逃げ込まれてうまくクリックできない…。

そんなシーンありますよね。そこでアタックムーブです。

木々の隙間に敵が逃げこんでも、少しでも見えた瞬間に自動で攻撃できます。

ただし、他の敵を攻撃してしまったり、意図しない動きをすることもあるので、アタックムーブを使うのは状況によりけりです。


いかがでしたか?アタックムーブ、強制攻撃の使い方を学んでいただけましたでしょうか?

『知ってるとお得なキー操作』シリーズでは、よりヒーロー操作が上手くなるように解説していきます。ほかにも多くのホットキーがありますが、ひとつひとつ覚えていけば上達まちがいなしです!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です