Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

ボトルの使い方を覚えよう! ~ゲームを有利に進める3つのこと~

ボトルの使い方を覚えよう! ~ゲームを有利に進める3つのこと~

こんにちは!今日は、Mid Laneに行くヒーローがよく買う{bottle}について役立つ3つのTipsを紹介したいと思います。記事のレベルは、MMR2000~2500相当の中級者を対象としています。
ボトルはMid Laneに行くヒーローだけではなくOff Laneに行くヒーローや{io}などのサポートも買う場合があるので覚えておいて損はないです。

0.ボトルの基本知識

Tipsを紹介する前に簡単にボトルの基本知識を確認したいと思います。

  • 価格は700ゴールド
  • 1回の使用でHP135とMP70を回復できる
  • 3回使うことができ、ルーンの確保やベースで使用回数を回復できる
  • ルーンを2分間保持することができ,2分経つと強制的に使用される
  • ルーンを保持している状態で味方に使用することはできない、ドロップも不可
  • Ctrl+アイテムキーで味方を指定して使用することができる

ボトルを使うオススメヒーロー

{brew}、{clock}、{earth}、{ember}、{storm}、{magnus}、{puck}、{pudge},{qop}、{ta}、{tinker}、{zeus}、{io}、{lina}

主にMidヒーロー、まれにOfflaneヒーローがもつことがあります。

1.ボトルクロウ(Bottle Crow)

ここではボトルクロウを紹介します。
ボトルクロウとは、空のボトルをクーリエに預けて自分の代わりにベースに持って行ってもらいボトルの使用回数を回復してもらうことです。敵のサポートにルーンを管理されているなどルーンの確保ができない場合に良く使われます。

  • メリット – 自分はレーンに張り付いていられるので経験値とゴールドを無駄にせず済む
  • デメリット – 味方がクーリエを使えない、味方がクーリエを使っている間はボトルクロウできない

今回はボトルクロウを素早くする方法を紹介したいと思います。

手順:

  1. ボトルを安全な場所に置きます
  2. ホットキーでクーリエを選択し置いたボトルを右クリック
  3. shift+Qを押しクーリエをベースに戻しボトルの使用回数を回復
  4. shift+Rを押しクーリエをヘイストにする(オプション)
  5. shift+Dを押しクーリエにボトルを自ヒーロに渡す

行動予約

このShiftを使用して、次の行動を予約することを行動予約と言います。
自分のヒーローにShiftを押しながら移動したり、スキルを打ったりすると予約した順番に行動してくれるのが分かると思います。
行動予約の使用例でいえば、上のボトルクロウの他には{sk}のアルティメットのEpicenterがあります。詠唱中にShiftを押しながら{blink}でブリンクする地点を指定すれば、詠唱が終わった後、瞬時にブリンクします。これによりEpicenterの地震の波を無駄にせずに済みます。

他にも行動予約を使う場面はありますが、それはまたの機会にご紹介いたします。

2.ボトルリフィルトリック

ボトルリフィルトリックとは、ベースから出ても数秒間はベースに居るのと同じという効果を利用したボトルの使用回数の回復方法です。
ベースからTPしてきた味方にすぐにボトルを渡すと味方は、ベースの効果を持っているのでボトルの使用回数が回復します。
他には{np}のTeleport、{lone}のSpirit Bear、{io}のRelocateで同じことができます。
ただし味方に事前にやりたいと言う意思表示をしないと成功する可能性は低いので前もって言っておくのが良いでしょう。
自分がボトルを持っている状態でTPした時、すぐに味方に使用してもボトルの使用回数は3のままなのでHPやMPが減っている味方がいたら一口飲ませてあげましょう!

3.アイテムドロップによるボトルの回復量増加

最後にアイテムドロップによるボトルの回復量増加を紹介します。
具体的には、HPとMPの最大値が上がるアイテムをドロップさせ、HPやMPの最大値を減らした状態でボトルの使用してまた再度拾うことで回復量を増加させるというテクニックです。
文章だけでは分かりにくと思うので画像を使い説明します。

(1)アイテムをドロップして、HPとMPが1の状態でボトルを3回使用した時のHPとMPです。(ボトルの使用中の自然回復量もあるので多少の誤差がでます)
awdawddawdPNG

(2)上の画像からドロップしたアイテムを持ち直すと下の画像のHPとMPになります。上の画像と比べてみるとHPが152とMPが47増加しているのが分かります。
キャプawdawdawdadチャ

このことからHPはボトル1回分とMPは1/2回分増加したことになります。序盤は少しでもHPやMPを稼いでおきたいのでガンガン利用しましょう!

ボトルだけではなく他の回復系アイテムでも同じことができます。
{salve}、{tango}、{shared}、{clarity}、{mango}、{stick}、{wand}、{soulring}、{arcane}、{mekansm}、{guardian}


この記事に関してのフィードバックや感想がありましたら下のコメントから送ってください。

5

コメント一覧

新規のコメントはこちらから

  1. 匿名

    なんでヒーローの名前英語で書かないんですか?
    ちょっときもちわるい

    1. desho

      初心者のために文章を書く上で、より理解しやすい内容にしようと考え、あえてヒーロー名はすべてカタカナ表記にしています。
      これからDota2を始める初心者の方が、英語名を何と読むかで困ってしまい本題のゲームを楽しめないということのないようにと配慮したためです。

      また、Dota2の公式クライアントは日本語化されているとはいえ、いくつか英語のままの部分があります。当Dota2道場では、そのような完全ではないDota2クライアントの日本語化を補うという役目も目指しており、ヒーロー名やアイテム名の日本語表記はその一環と考えています。

      これまでDota2をプレイしてきた方々にとっては違和感があるとお察ししますが、Dota2道場では以上の理由で、必要最低限の用語のみを英語表記にし、ヒーロー名などは日本語表記で書かせていただきます。よろしくおねがいいたします。

  2. 名無し

    上の人じゃないけど所々読み方が違うのでそれならちゃんとして欲しいなと思います メカニズムとか

    1. AKASA

      サイト全般を読ませていただきました。
      ターゲットを絞って記事を書くのは敷居の高いDOTA2の普及にすごくよいと思います。

      ですが、上の方と同様私も以下の点が気になりました。
      ・正しくない、一般的でない読み方(外国人とボイスチャットで通じない読み方)
      ・長いため一般的に略で呼ばれるものをフルネームで呼ばれるもの
      ・ULTの読み方(賛否両論、外国人と通じない)

      また本当に英語がわからない方はほかのサイトなどを見るとき英語名がわからないと思うので、英語と読み方の両方の併記をすればよいのではないかなと思います。

      あとmekは外国人やキャスターでも人によって読み方違うかも?

      1. desho

        コメントありがとうございます。励みになります。
        AKASA様のご質問についてですが、
        ・正しくない、一般的でない読み方について
        Dota2道場では、なるべく皆に通じる読み方でカタカナ表記することを心がけています。しかし、仰るとおり正しくない読み方で表記している箇所もあるでしょう。その箇所を見つけた際には、その都度指摘していただけると助かります。

        ・略称のほうがよい名称があるのでは?
        皆に通じる読み方で表記する上で、略称か正式名称のどちらが適切かを判断しています。主な基準としては、略称が2つ以上存在し、なおかつ使用される頻度が同じくらいの場合には正式名称での表記を心がけています。また、略称が主流でない場合にも正式名称で表記しています。

        ・Ultの読み方
        Dota2道場では、スキルを1番,2番,3番,ウルトと読むことにしています。ウルトはUltimate Skillの「Ult」をそのまま読んだもので、他にはアルティメット、ウルティ(Ulti)等の読み方がありますが、日本の他のMOBA系ゲームの様子を見るにウルトという呼び名が適切と考えました。もちろん、外国人とのコミュニケーションにおいてはウルトでは通じないことが多いため、考慮の余地があります。

        ・英語名の併記について
        英語名(カタカナ表記)という書式を考えたのですが、そうすると文章が見づらくなってしまい本末転倒なのでカタカナ表記のみにしています。

        ・アイテム「mekansm」について
        先日ご質問いただきましたmekansmの読み方についてですが、確かにメカニズムという読み方が正しいように思います。(Dota2ゲーム内のヒーローボイスでそう言っています。)
        しかし、メカニズムとカタカナ表記してしまうと、「mechanism(仕組み)」という単語を文章中で使うことができなくなってしまうため、Dota2道場では他の呼び方であるメカンズムを採用しています。ご了承ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です