Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

ギャンク講座<初級編>~ギャンクを成功させるための3つのポイント~

ギャンク講座<初級編>~ギャンクを成功させるための3つのポイント~

ギャンクでは、なるべく1人で孤立している敵ヒーローを探し、スタンやサイレンスをかけて何もさせないまま倒します。ギャンクをすることで敵ヒーローのファームが遅れるので、敵のCoreヒーローを倒すことができればゲームを有利に運ぶことができるでしょう。

しかし、このギャンクも100%で成功するとは限りません。敵のヘルプや味方のミスでギャンクはしばしば失敗しますが、その失敗をできるだけ減らすための3つのポイントを紹介します。

 

1.敵の視界に映らないようにする

ギャンクする前に敵の視界に映ってしまうと、ギャンクはまず成功しないでしょう。敵にいかに気づかれずに近づき、そしてスタンやサイレンスをかけられるかが重要になってきます。

たとえば、敵がジャングルでファームをしている様子が{observer}で見えている場合。

gank_nc

このようなルートでギャンクしに行きました。

gank_route1

すると、敵ヒーローがブリンクを持っていたために、スタンを入れる前に敵がブリンクを使って逃げてしまいました。

このギャンクの問題点は、敵の視界を意識していないことにあります。昼間は1800の視界を持っており、多くのスキルの射程はそれよりも短いです。また、1800ユニット分の移動をするためには4秒以上かかるため、それまでに逃げ切られてしまう可能性が高いです。

ギャンクを成功させるには、敵の視界を意識することが大切です。木々や高低差を利用しながらこっそりと近づき、逃げる間もなくスキルを入れてギャンクしましょう。

gank_route2

先ほどの例を改善するなら、こうですね。

他にも、敵のクリープやタワー、ワードの可能性も考えてギャンクできると成功率はグンと上がるでしょう。

 

2.敵のスキル・アイテムを確認する

前もって敵のスキルを念頭に入れておくことで、敵の反撃に対処できます。また、アイテムを確認しておくことで逃げられる可能性を減らせるでしょう。

■透明化アイテム・スキル

ギャンクから逃げられてしまう可能性の高いバフです。透明になると何もできなくなってしまい、無駄足になってしまいます。

▼対策

{dust}という消費アイテムは、使用すると周囲の透明ヒーローを看破できます。透明スキルやアイテムを使う敵に対して前もって購入しておきましょう。ギャンクの際には、透明になる前に使ってしまうほうがよいです。

ヒーロー例){bh} {clinkz} etc.

一定時間透明になるスキルを持っています。

アイテム例){shadowblade} {glimmer}

ギャンクから逃れられてしまう可能性が高いアイテムです。ギャンクする前に、これらのアイテムを所持しているかを確認しましょう。

シャドーブレードは、素材に{shadowamulet}と{claymore}がありますので、このどちらかを所持していたら前もって{dust}を購入しておくのも手です。

 

■魔法無効アイテム・スキル

スタンやサイレンスを与えるスキルの多くは、魔法無効のバフにより防がれてしまいます。そのため、ギャンクに行ったけどスタンもサイレンスも入らず逃げられてしまったり、逆に倒されてしまうこともあります。

▼対策

魔法無効を貫通するスタンやスロウを持っているヒーローがいると良いですが、それが無い場合もあるでしょう。その場合には、スタンをかけ続けて倒しきります。また、アーマー低下は魔法無効を貫通するので、{medallion}もギャンクに向いているかもしれません。

ヒーロー例){omni} {ls}

オムニナイトは味方に魔法無効を与えるRepel、ライフスティーラーは自身に魔法無効を与えるRageを持っています。

アイテム例){bkb}

必ず注意しなければならないアイテムです。このアイテムを使って{tp}を使うという逃げ方がありますので、このアイテムを使わせないか使っても大丈夫な状態でギャンクしましょう。

 

3.味方のスキルと合わせる

ギャンクに向かうとき、それに合わせてくれる味方がいることでしょう。その味方がもつスキルの効果を考えてギャンクすると、より成功率が高くなります。

■味方がスタンを持っているとき

例えば、自分が2秒スタン、味方が3秒スタンを与えるスキルをそれぞれ持っているとします。2人でギャンクしに行くときに、これらのスキルを同時に使います。すると、敵がスタンしている時間は3秒です。

Dota2では、デバフの時間は累積しません。2秒スタンと3秒スタンを当てたからといって合計5秒のスタンを与える、とはならないのです。

では、どうすべきかといいますと、味方がスキルを使ってから間隔を空けて自分のスキルを使います。すると、スタンの効果時間は最大で5秒になります。味方がスタンをかけている間は通常攻撃や別のスキルを使い、スタンの効果時間が終わりそうなタイミングでスタンを使いましょう。

■当てづらいスキルは味方の後に

例えば{lina}というヒーローは、2番目のスキルLight Strike Arrayが地点指定でスタンさせるスキルで、発動までに遅れがあります。そのため、このスキル単体で当てるのはなかなか難しいです。

このような当てることが難しいスキルでギャンクを始めるとミスを生み、ギャンクを失敗させてしまいます。そのため、味方の対象指定のスタンを待ってからスキルを使うと良いでしょう。

gank_stun1gank_stun2

他にも、スタンやスロウを持たない場合など、先にギャンクを始めると逃げられてしまいそうなときには味方に先行してもらうことが重要です。


 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です