Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

ギャンク講座<入門編>~キルを取って敵のファームを邪魔しよう~

ギャンク講座<入門編>~キルを取って敵のファームを邪魔しよう~

みなさんこんばんは!今回はDota2のゲーム展開の大きな要素である「ギャンク」について紹介します。このギャンク講座も3部構成で解説していきます!

 1.ギャンクとは

Dota2とは、ゴールドを得て装備を積み、敵よりも強くなることで勝つことができるゲームです。ヒーローによる個体差はありますが、どのヒーローでもアイテムなくして勝利はありません。

そのゴールドを手に入れるために、ヒーローはクリープを倒します。(これを「ファーム」といいます。)レーンクリープや中立クリープを倒すのですが、その場所は限定されており、どこでファームしているかを予想することができます。

そこで、このゲームは『敵よりも』ゴールドを稼いでいればよいのですから、敵がファームしていそうな場所に行ってヒーローをキルしてしまえば、敵はファームすることができず、味方と敵のゴールドの差が開きます。これを「ギャンク」といいます。

敵のファームを「ギャンク」で止め、そして味方がしっかりファームすることができれば、ゲームの勝利につながるでしょう。

 

2.数的有利の原則

gank

ギャンクをするときの大原則として、「数的有利」というものがあります。敵が1人のみでファームしているところには2人でギャンクをしに行き、2人で固まっているところには3人以上で行くというように、敵よりも多い人数でギャンクをすることが基本です。

敵よりも多い人数でギャンクすることで、

  • ダメージを重ねて素早く倒せる
  • 逃げられる心配が減る
  • 反撃を受けない

などのメリットがあります。

ギャンクの成功率を上げるためにも、味方と一緒にギャンクをしましょう。

 

3.敵の行動を封じる

gank_cc

ギャンクを成功させるには、敵にできるだけ何もさせないことが大切です。そのためには、ダメージを与える他にも必要なスキルがあります。それは、敵の行動を封じるためのスキルです。敵の操作を完全に封じるスタン、敵のスキル発動を封じるサイレンス、敵の移動速度を低下させるスロウなどです。

▼スタン

ギャンクをするのに最も適したスキルで、敵の一切の行動を封じます。スタンの効果時間中に敵を倒しきれるように、ありったけのスキルを叩き込みましょう。

▼サイレンス

敵のスキル発動を封じるスキルで、一定距離を瞬間移動するブリンクなどの逃げ用スキルを持つ敵を倒すときに有効です。ただし、敵の移動を止められないため、敵の動きを読んで先回りして倒す必要があります。

▼スロウ

敵の移動速度を低下させることで敵に追いつき、攻撃を加え続けるためのスキルです。敵がスキルを使って反撃してくる可能性があるので、味方と連携して追いかけましょう。

敵が逃げ用スキルを持っている場合は、スキルを使わせないためにスタンやサイレンスを組み合わせるとギャンクの成功率が上がります。

 

4.フォーカスを合わせる

敵が2人いるところにギャンクに行こうとして、味方を呼びました。自分が1人のヒーローにスキルを使ったら、味方がもう1人にスキルを使ってしまい、ダメージが足らず逃げられてしまいました…。

誰しもこのような経験があるのではないでしょうか?「なんでそっち攻撃してんだよ!」「いやいや、お前がこっち攻撃しろよ!」と喧嘩になることもしばしば。

このようなミスは、事前のコミュニケーション不足から生じます。そのため、前もって狙う敵を決めておく必要があります。このように狙う敵を同じにすることを「フォーカスを合わせる」といいます。

■フォーカスの合わせ方

狙う敵を前もって知らせるだけでよいので、何も難しいことはありません。Altキーを押した状態で敵ヒーローをクリックすると、「ピン!」と音が鳴り、ヒーローの真下に『!』マークが表示されます。これで狙う敵を知らせることができるので、あとは味方と一緒にスキルを叩き込みましょう。

gank_ping


今回はギャンクの基本について触れました。次回からのギャンク講座では、ギャンクをより成功させるためのテクニックをご紹介します!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です