Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

【リプレイ解説】デュアルセーフレーン詳解 VP vs Opticより

【リプレイ解説】デュアルセーフレーン詳解 VP vs Opticより

前回、デュアルオフレーンの解説をしました。

【リプレイ解説】デュアルオフレーン詳解 Liquid vs LGDより

前回の解説で、「デュアルオフレーン強えぇ!」ってのを実感していただけたと思います。
あれが、いわゆるメタです。
Dota2道場をご覧の皆さんは、メタを理解するイッパシのDota2プレイヤーになっちゃってるんですね~ すごい! えらい!

じゃあ、あんな強いデュアルオフレーンに大してどう対処すればいいの? セーフレーン側は苦行すぎない? って思いますよね。
そう思ったアナタ、ひょっとしてDota2の才能ある? ありますね~ 確実にありまぁす!
敵の強い行動への対処法を覚えていけば、このゲームはおのずと上手くなっていきますよ~。

さて、セーフレーン側は何をすればいいのか。それが今回のお題です。

デュアルセーフレーン解説

※デュアルセーフレーン解説とか言いながら、サポートの解説しかしてません。
だってセーフレーンキャリーは特に出来ることないんだもん…。

更新するたびに動画が長くなっていっちゃうの申し訳ねえ…次は5分にまとめます…

ポイント1:セーフレーンは負けレーンを意識する

2:1:2メタにおけるセーフレーンは基本的に負けます。
そこを意識して、大きく負けないようにする=0デスであれば上出来です。

(この試合は敵のCarryがオフレーン側にきていますが、無理はしません。)

ポイント2:敵のレーンSupportに好き勝手させない

敵のSupportが味方Carryにハラスを続けるとしんどくなります。
ダメージスキルを敵Supportに打ち続けて、リソーストレードを仕掛けます。

ポイント3:プルさせない

敵のオフレーンプルは48秒~50秒です。
このタイミングでレーン横のキャンプをチラ見して、プルを妨害します。

ポイント4:敵Supportが消えたらプルする

敵SupportがTPやルーンで消えたらプルして敵Offlanerを苦しめましょう。
敵のデュアルレーンにレベル差をつけるチャンスです。

ポイント5:窪みを利用する

セーフレーンのタワー下に窪みがあります。
積極的に利用します。

※よくタワー前にワードを置かれてるので、置かれてそうなら後からセントリーを買い足してデワードしたほうが良いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。