Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

Dota2の設定をしよう!~コンフィグ編~

Dota2の設定をしよう!~コンフィグ編~

こんにちは!今日は、コンフィグについて書きました。オプションにはない便利な項目が設定できるので、ぜひ設定しましょう。

1.コンフィグとは

コンフィグとは、オプションにない項目を設定したり、キーの振り当てを自由に変えたり、スクリプトを組んだりできる便利なテキストファイルです。

2.コンフィグファイルの場所

多くの人は、このディレクトリにあると思います。

“C:\ Program Files\Steam\steamapps\common\dota 2 beta\dota\cfg”

このディレクトリにない人は、自分がSteamをインストールした場所を探してみましょう。

Dota2 Reborn Betaでのautoexec.cfgの読み込み方法について紹介しました。Reborn Betaでプレイするためにコンフィグファイルを作成したい方は、こちらのページを参考にしてください。

3.コンフィグファイルの作り方

cfgフォルダに行くと”config.cfg”と言うファイルありますが、これは基本的に触らないようにしましょう。今回は、新たにコンフィグファイルを作成します。

cfgフォルダの中で右クリック->新規作成->テキストドキュメントからtxtファイルを作成し、このファイルを名前変更し、”autoexec.cfg”を作成します。このファイルに自分の設定したい項目を記述していきます。

コンフィグファイル場所

4.コンフィグファイルの反映方法

作成した”autoexec.cfg”に設定項目を記述する前に、Dota2に”autoexec.cfg”を反映させる設定をしましょう。

  • 起動設定から設定

SteamクライアントのライブラリのDota2->プロパティ->起動設定を開き、”+exec autoexec”を追加します。これでDota2起動時に読み込まれます。

起動設定

5.コンフィグファイルへの記述方法

コンフィグファイルには、以下のように記述していきます。

コマンド名 “値” // コメント

コマンド名は、設定したい項目の名前です。
値は、コマンドによって1がON、0がOFF、文字列や整数値など異なります。
//以降のコメントは、設定反映の際に無視されるのでコマンドのメモに使いましょう。

下の画像は例です。

起動設定

6.便利なコマンド

Dota2の設定コマンドは、多く存在しています。ここでは、オプションにない便利だと思われるコマンドを紹介していきます。全てのコマンド一覧が見たい方はこちら→英語版Dota2 wiki コンソールコマンド一覧

  • con_enable “1”

コンソールを表示できるようになります。1でON、0でOFF。デフォルト0
konnsoru

  • dota_force_right_click_attack “1”

右クリックでディナイをすることができます。1でON,0でOFFになります。デフォルトは0

  • dota_minimap_hero_size “850”

ミニマップのヒーローのアイコンの大きさを変更することができます。数字が大きいほどアイコンも大きくなります。下の画像は、850の場合です。
ミニマップアイコン大きさ

  • dota_minimap_misclick_time “0.2”

カーソルをミニマップにおいて反応するまでにかかる時間です。単位は秒です。良く間違えてミスクリックする人は設定しておきましょう。デフォルトは0.2

  • dota_disable_range_finder “0”

スキルの射程を表示できます。1で非表示、0で表示。デフォルトは1
レンジ

  • dota_health_per_vertical_marker “250”

ヘルスバーの区切りを変更します。デフォルトは250。
{axe}のUlt Skill Culling Bladeの閾値にするとultが決めやすくなる。
下の画像はHP3000の時、値が250と500の比較です。
axe250

  • fps_max “120”

最大fpsを変更します。オプションで垂直同期をオフにしないと意味がない。

  • cl_showfps “1”

画面左上に現在のfpsを表示します。デフォルトは0
clshowfps

  • net_graph “1”

fpsやpingなどの情報を表示させる。デフォルトは0
net_graph

  • dota_unit_fly_bonus_height “0”

飛行ユニットの高さを設定できます。デフォルトは150
fly150


このコマンドも載せたほうが良いというのがありましたらコメントにお願いします。


この記事に関してのフィードバックや感想がありましたら下のコメントへどうぞ!

2

コメント一覧

新規のコメントはこちらから

  1. Ryohei

    bind “好きなキーを入力” “dota_camera_set_lookatpos 2960 -2353” // TOP Rune
    bind “好きなキーを入力” “dota_camera_set_lookatpos -2287 1817” // BOT Rune
    このバインド入れておくとワンボタンでruneの確認ができます。
    サイドボタンに入れてみてはいかがでしょうか

  2. fuee

    dota_camera_disable_zoom “1” //Can’t zoom camera in

    カメラのズーム不可
    ズームは視界が狭まるだけで百害あって一利なし

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です