Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

日本から参加可能な大会情報(2016/09/09更新)

日本から参加可能な大会情報(2016/09/09更新)

The International や Major のようなValve主催の大会以外にも多くの国際大会が開催されています。それらの中には、世界中の各地域からプレイヤーを募って予選を開催しているものがあります。

予選の行われる大会では、日本からの参加も募っているのでこの機会に出場を考えてみてはいかがでしょうか?Dota2の国際大会でタイトルを狙うもよし、ちょっとした腕試し気分でもよいでしょう。友達と集まって楽しくキャプテンズモードをしようと気軽に参加するのもグッドですね。

今回は、2016年9月8日現在での大会情報を掲載します。他にも情報あったら教えてね。

【追加】Axial オープンV3 東南アジア&欧州大会

Axialっていうセミプロチーム(?)が開催するレート制限ありの大会で、4k以上の部と4k以下の部の2つに分けて開催されます。国際大会の予選ではありませんが、BattleCupが終わったのでBattleCupを模した週末トーナメントを開催しようというコンセプトです。

参加費無料で優勝賞金50$があるそうです。日程は9/17でタイムスケジュールは未定です。(第1回、第2回大会が別の地域で開催中らしく、それらの反省点を改善してからスケジューリングするそうです。)

Axial.gg 4k以下のトーナメントページ

Axial.gg 4k以上のトーナメントページ

大会参加はチーム単位はもちろん、ソロ参加でも可能なようです。英語が分からなくても気にせず登録してみてはいかがでしょうか?

ROG Masters 2016 東アジア予選

https://www.rog-masters.com/jp/start

Dota2とCS:GOの2部門で開催されるアジアのeSports大会です。アジアの5つの地域で予選を行い、各地域の上位2チームが本選に進みます。

日本からですと東アジア予選での出場となり、韓国・台湾・香港・マカオといった国々のプレイヤーと戦うことになります。

参加登録は9/11の23:59まで、こちらのページから参加登録を行うことができます。

試合の開始は9/12の19:00、形式はグループステージとシングルエリミネーションの複合型です。(12日~15日ってどこかに書いてあったような気がしたけど見当たらない…)

World Electronic Sports Games 日本予選

http://apac.wesg.com/

Dota2、CS:GO、HearthStone、SC2の4部門で開催されるアジア大会です。

日本予選が開催される珍しい大会です。日本予選の上位1チームが韓国で開催されるアジア予選に出場でき、さらにアジア予選を通過すると中国でのグランドファイナルに進むことになります。

参加登録は10/9まで、こちらのページから参加登録を行うことができます。ただし参加登録にGameID、SkypeIDに加えてパスポート番号が必要になるためご注意ください。

試合は10/16、対戦表が10/11に発表されます。

他にも情報あったら教えてください。

チームでキャプテンズモードしたいけど大会がない…という方は、joinDota Leagueへの参加やFaceitのワンデートーナメント等に参加してみてはいかがでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です