Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

Dota2週末ワンデートーナメント「BattleCup」が開催されます。

Dota2週末ワンデートーナメント「BattleCup」が開催されます。

The International 6 のバトルパスを持っているプレイヤーのみが参加できるValve公式大会「BattleCup」の情報が公開されました。

http://blog.dota2.com/2016/07/the-weekend-battle-cup/

2016夏のバトルカップがもうすぐ始まるぞ。お前の思う最強の仲間たちとパーティを組み、ラッパの鳴り響く音とともに8チームによるシングルエリミネーション・全試合キャプテンズモードのトーナメントを勝ち上がるのだ。
バトルカップ第1戦は今週の土曜日の夜に行われる。世界トップレベルの試合と同じスリルを、この大会で味わってほしい。

バトルカップは4つの地域で開催され、開始は以下の時間で行われる。
東南アジア::土曜日の20:00(日本標準時)

バトルカップの募集が始まったら、Play Dotaボタンを押すかバトルパスを開いてバトルカップのページでボタンをクリックしよう。

もしバトルカップで優勝することができたなら、お前のチームは強いぞ。どんどん皆に自慢しよう。私たちからも賞品としてバトルパスのレベルを15Lv贈呈しよう。さらに、バトルカップで優勝した後の1週間は「優勝者のみの豪華なプロフィール画面」「優勝を自慢するためのエモーションアイコン」を使うことができるぞ。その他の賞品のリストや詳細については、RewardsとFAQのページを見てくれ。

バトルカップ開始のアナウンスに伴って、The International 6のバトルパス完成の期限を8月13日から8月31日に延長したぞ。その延長された期間で、バトルカップは毎週土曜日の夜に開催され続ける。お前のチームは何回優勝することができるかな?

バトルカップの開催は明日の夜8時からです。参加方法については追って情報が出てくるはずなので、分かり次第こちらで追記します。

それと今回の告知には書かれていませんが、おそらくBattleCup参加チケットが必要になるかと思います。バトルパスLv1で1枚、Lv137で5枚獲得できます。また、バトルパス実装時にマーケットで購入可能(?)と告知されていたので、足りなくなった場合には購入もできるのではないでしょうか。他のバトルパス獲得方法についてもじきにアナウンスがあるのではないでしょうか。


追記(7/16):バトルパスにバトルカップのページが追加されました。

20160716113326_1

チームメンバーの募集が盛んにおこなわれています。言語の壁はありますが、メンバーが集まらないという方は試しに入ってみてはどうでしょうか?

20160716122341_1


追記(7/16):FAQを翻訳しました

要点

  • 20時~21時で5人パーティを組んで対戦キューに入れば、自動的に大会参加となる。
  • 一度大会参加をするとメンバー変更は不可。
  • 参加チケットは5枚必要で0.99$で購入でき、メンバーの誰が何枚出してもよい。
  • チームメンバー間のMMR差があると、1番MMRの高いメンバーに合わせて対戦相手が検索される。
  • 試合勝利後の休憩時間が設定されるので注意する。
  • 8チームのトーナメントが組まれるというよりは、1回戦勝利チームどうして2回戦を行うためのマッチメイキングを行い、2回戦勝利チームどうして3回戦のマッチメイキングを行う、という形式の様子(?)。
スケジュール

2016年夏のバトルカップシーズンは8月31日まで開催され、毎週土曜日の夜にキックオフ。時間は4つの地域で以下の通り。

Southeast Asia Saturday 11:00 UTC / 18:00 Bangkok / 19:00 Singapore / 20:00 Tokyo / 21:00 Sydney
China Saturday 12:00 UTC / 20:00 Shanghai
Europe Saturday 18:00 UTC / 19:00 London / 20:00 CEST / 21:00 Moscow
Americas Saturday 0:00 UTC / 17:00 Seattle / 20:00 New York / 21:00 Sao Paulo

キックオフ時間の前にパーティを組んでチームを作っておき、上記の時間から参加登録が開始される。参加登録は1時間で、チームはその間に対戦キューに加わり対戦相手を検索する。対戦相手が見つかるとすぐに試合が開始される。(5人パーティでマッチ検索する時と同じようにして検索すれば、それが参加登録ということになる。)

対戦キュー

メインメニューでPlay Dotaボタンを押すか、バトルパスのバトルカップの欄にて対戦キューに加わることができる。前もってトーナメントの時間を確認しておこう。

プレイヤー

プロフィールのバッジのレベルが25以上であれば誰でもトーナメントに参加することができる。バトルパスは必要なく、MMRがまだTBDでも参加できる。

チケット

参加のためのチケットはDota2のストアで0.99$で販売されており、このチケットが5つあればトーナメントに参加できる。ただし、チームメンバーがそれぞれ1枚ずつ持っている必要はない。それぞれのプレイヤーが1枚ずつ出してもよいが、他のプレイヤーが代わりに出すこともできる。また、わざわざ購入しなくてもバトルパス購入者は少なくとも1枚のバトルパスを持っており、レベル137になれば5枚のチケットを獲得できる。

注意してほしいのは、バトルカップのチケットはトレードやギフトはできない点だ。

対戦相手

トーナメントの対戦相手の決め方は、トーナメントのTierと地域による。このトーナメントでは地域は自動的に選択され、MMRや言語は考慮されない。また、対戦のサーバーは規模の大きいもののみが使われる。

プレイヤーには個別のトーナメントTierが設定されるが、これはMMRにより決定される。最初にトーナメントTierが設定された後は、MMRは一切考慮されない。トーナメントTierはバトルカップで勝ち続けると上がり、負け続けると下がる。チームメンバーのトーナメントTierが異なる場合には、もっとも高いトーナメントTierで対戦キューに加わることになる。その場合に、自身より上のTierで参加することになるプレイヤーはその挑戦を評価され、勝利時にトーナメントTierが上がりやすくなる。

試合が1つ終わったら

試合が1つ終わった後、次の試合の対戦キューを入れるまでの期限が設定されている。その期限を過ぎた後に対戦キューを入れると、対戦相手が見つかればトーナメントを続行できるが、対戦相手が見つからなかった場合にはその後の試合と参加チケットは没収となる。

次の対戦相手

珍しいケースと考えられるが、期限までに次の対戦キューに加わったとしても対戦相手がそのTierで見つからない場合がある。

ケース1:あるチームが準決勝で対戦相手が見つからず、次の決勝での対戦相手が既に決定している場合
対応1:そのチームの準決勝を不戦勝とする

ケース2:ケース1以外の状況で対戦相手が見つからない場合
対応2:その時点での勝ち数に応じてトーナメントTierが上がり、参加チケットが返却される

ただし、時間内に対戦キューに入らなかったチームに関しては上記の2つは適用されない。

チーム

バトルカップでは、チームメイトをマッチメイキングにより検索する仕組みはない。参加のためには、前もってチームを組んでおく必要あある。もしチームメンバーを5人揃えられないのであれば、それぞれの地域のトーナメントTierごとにチャットルームが用意されているので、そこでメンバーの補充を行うとよい。一度そのチームメンバーで大会に参加すると、メンバー変更を行うことはできない。もし試合を継続しない場合には、パーティリーダーが代表してトーナメントを棄権することができる。

接続トラブル

もし試合開始前にプレイヤーのネットワーク接続に問題が生じた場合には、試合はそのまま続行される。切断したプレイヤーは、5分間以上切断していても再接続を試みることができ、ゲーム放棄として扱われ除外されることはない。同様に、放置プレイヤーが居てもゲーム放棄扱いとはならない。サーバーダウンやサーバー側の接続障害が生じた場合には、参加チケットは返却されトーナメントTierが更新される。

降参

降参したい場合には、「GG」とチャットすることができる。

トーナメントスコア

バトルカップに参加したプレイヤーは、トーナメントの結果に応じてトーナメントスコアを得る。このスコアはバトルカップの期間が終わるまで保持され、フレンド内でのリーダーボードに掲載される。より多くのトーナメントに出場し、スコアを上げて競い合おう。トーナメントに参加すると10ポイントを得ることができ、初戦勝利で30ポイント、2回戦勝利で80ポイント、3回勝利で150ポイントを得ることができる。

試合の可視

他の公式のトーナメントの試合と同じように、試合の結果とリプレイはすべて公開され、誰でも見ることができる。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です