Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

レーン構成概論~アグロトライレーン~

レーン構成概論~アグロトライレーン~

今回は敵のセーフレーン側にCarryとSupport2人が向かってトライレーンを組む「アグロトライレーン」を解説します。アグロトライレーンでは何をすべきか、どういう時にアグロトライレーンを組むのかをズバリお答えします。

1.アグロトライレーンとは

アグロトライレーンはOfflane側に3人のプレイヤーが行き、トライレーンvsトライレーンを挑むレーン構成です。そしてMidとこちらのSafeLaneは1vs1となります。

トライレーンvsトライレーンなので、レーン戦で強いヒーローをピックする必要があります。敵からキルを取ることができる攻撃的なサポートヒーローと、味方を回復してレーンを維持することのできる守備的なサポートヒーローを混ぜるとうまくいくでしょう。また、トライレーンに組み込むキャリーについても、レベル1や2の状態からダメージを出しやすいヒーローをピックするとよいです。

例1){ck}, {undying}, {lion}

例2){gyro}, {tusk}, {io}

2.アグロトライレーンの動き方

A.トライレーンvsトライレーンで勝つ

3vs3で敵からキルを取り、敵のCarryに一切ラストヒットを取らせずにタワーを早めに破壊しなくてはなりません。Carryプレイヤーはいつでもキルを取れる位置に立つことを心がけ、Supportプレイヤーは敵にラストヒットを取られないようにプレッシャーをかけつつ、キルを取れるチャンスを逃さないように注意します。

3vs3で勝利することはこの作戦の要なのでしっかりとした動きが求められます。

B.敵のSupportの動向に注意する

トライレーンvsトライレーンで勝利すると、敵のSupportの行動は2種類に限られます。1つはCarryの後ろで構えてCarryが死なないように守る動き、もう1つはCarryのファームを諦めて放置し、他のレーンにギャンクに行くことです。

敵のSupportがレーンに留まる前者の場合は、味方のSupportもレーンに留まり続けてレーンで勝ち続けることを目指します。敵のSupportが他レーンに移動していく後者の動きが見えたら、味方のCarryが倒される心配はなくなるため、味方のSupportはSmoke等を使って他レーンのギャンクに動きます。

C.ソロレーンは1vs1で勝てるヒーローを

この作戦の要はトライレーンvsトライレーンでの勝利であるため、味方Supportは基本的にレーンを離れることができません。ですのでレーンで敗北して味方SupportにTPヘルプやギャンクを要求するような事態にならないようにしなくてはなりません。

そのため、{viper}等のレーン戦で強いヒーローや、レーンマッチアップでカウンターになるヒーローをピックできている必要があります。1vs1に自信のあるプレイヤーだということも大切です。

3.どのような時に効果的か?

Ex1) 敵のローミングヒーローが面倒な場合

{riki}や{bh}といった透明ヒーローが序盤から動き回るのはうっとうしいです。そこでアグロトライレーンを組むことで、敵のローミングヒーローにCarryを守る動きを余儀なくさせ、ローミングを抑止することができます。

Ex2) セーフレーン側で1vs1をしたい場合

敵のOfflaneヒーローが強力で、こちらの構成だと3人で戦っても厳しい・負ける場合に有効です。例えば{broodmother}はAoEスキルがないと召喚される子クモを処理することができず、大暴れされてしまう危険性があります。そこでカウンターヒーローである{tide}, {lc}, {axe}をセーフレーンに置き1vs1をさせ、Carryを反対側のレーンに逃がすことでうまく対処することができます。

また、1vs1にめっぽう強い{bat}などをセーフレーンソロにすることで敵のOfflaneヒーローに圧勝することもできるでしょう。

ちょうどよいプロのリプレイが見つからなかったため文章のみとなってしまいましたが、アグロトライレーンの考え方は以上のとおりです。プロの試合でアグロトライレーンを見かけたときの参考にしてみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です