Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

1to5システム解説~ファームの優先度に序列を~

1to5システム解説~ファームの優先度に序列を~

みなさんこんにちは!Dota2道場 組手試合会をこの度開催することになりましたが、それに合わせて今回の記事は「1to5システム」について解説します。チーム募集でよく見る『1番と4番募集!』等の番号ですが、いったいこれは何なのでしょうか?また、チームでプレイする際に心がけたいファームのすすめも解説します!

 

1.1to5システムとは

Dota2のヒーローには、それぞれ「ファーム依存度」があります。ヒーロー自身のスキルがあればアイテムはいらないというヒーローはファーム依存度が低く、アイテムをたくさん積む必要があるヒーローはファーム依存度が高いといったように、ヒーローごとにその性質は異なります。すなわち、稼いだゴールドに対してどれだけ強くなれるか、という指標ですね。

そのファーム依存度に応じてヒーローを2種類に分けたものが、CarryとSupportという2つのロールです。アイテムを積んで強くなってチームを勝利に導くCarryと、そのアイテムを積むまでのお世話をするSupportという役割分担です。

しかし、たった2種類の区分だけでは不十分だ、ということで導入される考え方が「1to5システム」です。チーム5人のファーム依存度が高い方から順に1番、2番…、5番と序列を付け、どのプレイヤーにゴールドを稼がせればよいのかを明確にしようというものです。

例えば、1番と3番のプレイヤーが同じレーンに来たら1番のプレイヤーにラストヒットを譲ったり、2番のプレイヤーのために4番のプレイヤーが中立クリープをスタックしたり等です。

ただし、この1to5システムは厳密に守られる必要はなく、チームの構成やアイテム状況によって変化します。およその目安程度に考え、臨機応変に対応できるといいでしょう。

 

2.1~5番とロール紹介

1,2,3番は、アイテムを積んでレベルを上げるという性質から、ゲーム展開に与えるインパクトが大きく、総称してCoreと呼ばれます。

1番:Hard Carry

チーム内で最もファーム依存度が高く、必要なアイテムを揃えなければ何もできないヒーローを操作するプレイヤーです。逆に言えば、アイテムさえ揃えることができればゲームを勝利に導けるプレイヤーということです。

代表例は{am}{pl}等ですが、チームの構成次第ではファーム依存度が高くない{slardar}や{viper}といったCarryをプレイすることもあります。

2番:Mid

Midレーンの1on1でレーン戦を行い、レベルを早く上げて序盤~中/終盤を支えるヒーローを担当するプレイヤーです。序盤はスキル性能で戦うことができ、中盤~終盤はアイテムの効果で活躍できるヒーローをプレイします。

{sf}{ta}といったファーム依存度が高めのヒーローや、{zeus}{qop}などのギャンクに特化したヒーローをプレイします。

3番:Offlaner

1番のHard Carryがいる側とは反対側のレーンを担当するプレイヤーです。レーン戦では1人で2~3人を相手に戦うことができるヒーローをプレイします。主に、{mekansm}{pipe}などのサポートアイテムを揃えるか、{blink}でイニシエーターとして活躍します。

{ds}{phoenix}などの{mekansm}を購入するヒーローや、{magnus}{centaur}などの{blink}を購入してイニシエートするヒーローが例に挙げられます。

 

以上のCoreに対して、Coreがファームできるように手伝うのがSupportというロールで、4,5番がそれに当たります。

4番:Semi Support

2人のSupportのうち、ゴールドを得た方が強くなれるヒーローを担当するプレイヤーです。足りない{mekansm}{pipe}を補ったり、{blink}で敵の動きを足止めしたり、時には{aghanim}でダメージを多く与えることもあります。中立クリープでファームをするJunglerも、4番にあたります。

どんなヒーローが4番を担当するかはチームの構成次第なので一概には言えませんが、{aa}{sk}などのウルトが強力なヒーローが4番を担当することが多いです。

5番:Hard Support

2人のSupportのうち、アイテムが無くても戦うことのできるヒーローを担当します。Supportの2人で{observer}や{courier}、{sentry}を分担しますが、4番のプレイヤーにアイテムが必要な場合には、それらの消費アイテムを一手に引き受けます。

{dazzle}{ww}などの、味方の回復や救出を得意とするヒーローが代表的です。

 

3.1~5番はそれぞれどのくらいファームするのか

1番:Hard Carry

問答無用でファームします。勝てる集団戦には参加しますが、勝てない集団戦には参加せずタワーを折りに行きます。また、相手のギャンクを上手く避けながらプッシュをし、レーンを押し上げておくことも大切です。ヒーローによりますが、キルに固執するよりもレーンをプッシュすることを心がけると上手くいきます。

2番:Mid

状況によりけりですが、基本はファームです。自身のアイテムを整えることを優先しましょう。1番Hard Carryと異なる点は、ゲーム全体を通して戦闘の起点となることです。序盤はギャンクを繰り返しながら戦闘を起こしつつファームをし、中盤は3,4,5番と一緒に集団戦/ギャンクをします。クリープのラストヒットでゴールドを稼ぐのではなく、キルでゴールドを稼ぐと考えると分かりやすいです。

3番:Offlaner

序盤はレベルが優先です。ゴールドは得られずとも経験値を得てレベルを上げ、戦闘には積極的に参加しゴールドを得ます。2番や4,5番と一緒に行動し、戦闘を起こしてゴールドを得ましょう。ただし、状況や時間帯によってはアイテムが必要になる場面もあります。その場合には、中立クリープを倒したり誰もいないレーンで少しずつゴールドを稼ぎ、{mekansm}や{blink}を購入するまで戦闘を起こさないようにしましょう。

4番:Semi Support

開始6分くらいまではゴールドやレベルが得にくいです。戦闘には積極的に参加しますが、適宜空いているレーンを探してファームすることを心がけましょう。例えば、2番Midがギャンクに出かけているときに、Midレーンに入ってファームをしておく等です。

5番:Hard Support

ヒーローによりけりですが、基本は味方のファームが最優先です。中立クリープのスタックをしながら{observer}{sentry}を購入します。空いているレーンに無理をして行く必要はありません。ゴールドがほとんど手に入らず、ゲーム終了時ですら{arcane}と{wand}しか持っていないなんて状況もあるくらいです。それでも、めげずに味方のお世話をしましょう。


Dota2道場組手試合会が、今週末の9/5(土)に開催されます。また、JapanDotaCup #6も9/5からのスタートです。それらの大会に参加しているチームがどのようなものかを知り、チーム活動に興味をもっていただけたらと思い、今回はチームに関連する内容を取り上げました。

次回もチームに関連する内容を取り上げる予定です。1to5システムの知識を活かした内容ですので、ご期待ください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です