Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

続・1to5システム解説~レーン構成編~

続・1to5システム解説~レーン構成編~

みなさんこんにちは!Dota2道場 組手試合会が先日開催されましたが、チーム活動に興味を持っていただけましたでしょうか?

今回は、前回の1to5システム解説に続き、チームとしての動きについて紹介します。

1.レーン構成とは

先日の1to5システム解説では、1Carry2Mid3Offlaner4Semi Support5Hard Supportと紹介した。ファームの序列、すなわちチーム内で誰がお金を稼がなければならないか、という話だった。

今回は、1~5番のプレイヤーが序盤にどのレーンに行けばよいのか、どのように人数を分配するのか、という「レーン構成」について解説する。レーン構成が上手くいけば、序盤のリードを取ることができ試合を有利に進められるので、ぜひ知っておきたい。

以下では、5人のプレイヤーのレーン構成の型を列挙し、そのメリット・デメリットと使用する場面を解説する。(以下の画像では、Radiant側を自陣とする。)

2.デュオレーンズ

Dota2では一番基本的なレーン構成であり、ファームレーンに2人、ミッドレーンに1人、オフレーンに2人の2-1-2の構成である。それぞれのレーンにCore1人ずつ、サイドレーンにSupport1人ずつ付くという形だ。

duolanes

メリット

  • Supportがレベルを上げやすい。
  • どのレーンでもアドバンテージを得られる可能性がある。つまり、どのレーンでもキルを生みやすい。

デメリット

  • Supportがレーンを離れづらい。レーンを離れるとCore1人になってしまい、その間ファームができない。そのため、ルーン管理やMidギャンクを行いにくい。
  • レーン戦で負けやすい。対面がトライレーンだと、何もできなくなる場合がある。

使用する場面

  • 味方の1Carry{am}{spectre}のような序盤のレーニングが弱いハードキャリーではなく、{slardar}等の軽めのキャリーの場合。
  • なおかつ、オフレーン側の2人が強力な構成で、レーンの対面が3人いたとしても五分の戦いができる場合。{tusk}{undying}など。

3.トライレーン

大会等でよく見られるレーン構成で、チームとして活動しているプレイヤーには馴染みのあるレーン構成だ。ファームレーンに3人、ミッドレーンに1人、オフレーンに1人の3-1-1の構成である。それぞれのレーンにCore1人ずつ、Support2人がファームレーンにつくという形だ。

trilane

メリット

  • 敵のオフレーンに経験値を全く与えないことができる。(ゾーニングという)
  • 1Carryがしっかりファームできる。
  • 3Offlaner1人なので、レベルを早くあげられる。
  • Supportがレーンを離れられる。ルーン管理やMidギャンク、ジャングルスタックが可能。

デメリット

  • 経験値を3分割するため、Support2人に経験値が入りにくい。
  • 3Offlanerが経験値を全く得られない場合がある。

使用する場面

  • 敵のオフレーンに対して味方のファームレーンが勝てないときに、Supportを1人増やせば勝てる場合。2対2の状況が3対2になれば勝てるということ。
  • 1番Carry{am}{spectre}などのハードキャリーの場合。もしくは、{gyro}{sven}などのジャングルスタックを素早く狩れるキャリーの場合。

4.アグロトライレーン

敵のCarryのファームを完全に止めるためのレーン構成。ファームレーンに1人、ミッドレーンに1人、オフレーンに3人の1-1-3の構成。レーン戦に長けた3人がオフレーンに行き、敵のCarryをキルする。

agrotri

メリット

  • 敵のCarryを潰せる。
  • 敵のSupportの動きを制限できる
  • 1vs1に自信のあるプレイヤーやカウンターピックを生かしやすい

デメリット

  • 3人のヒーロースキルが敵よりも優秀である必要があり、戦闘になった時に負けると作戦が破綻する。
  • 戦闘が起こりやすいため、Supportはレーンから離れづらい。

使用する場面

  • レーン戦に強いサポートヒーロー2体をピックできている状況で、敵のトライレーンに勝てる場合。
  • なおかつ、味方のファームレーンが1人になるが、その1人が敵のオフレーンに対して十分に戦える場合。

5.ジャングル

4番Semi Supportのプレイヤーが{chen}{enigma}などの中立クリープを狩ってファームする「ジャングラー」をピックした場合。レーン構成は、ファームレーン2人、ミッドレーン1人、オフレーン1人の2-1-1+ジャングラーとなる。

jungle

メリット

  • チーム全体で考えると、3つのレーンの経験値に加えて中立クリープの経験値が手に入るため、経験値効率が良い。
  • {mekansm}を10分以内に入手することができる。
  • {sk}はジャングルで{blink}を完成できる。

デメリット

  • レーン戦で負けやすい。ジャングラーが中立クリープでファームしている間、チームは45で戦わなければならない。
  • ファームレーンのSupportがレーンを離れづらい。

使用する場面

  • ファームレーンが2人で十分に戦える場合。
  • なおかつ、ジャングラーが10分以内に作った{mekansm}もしくは{blink}を有効活用できる場合。

6.デュオミッド

ミッドレーンで強力なアドバンテージを得るために、Supportを1人ミッドレーンに配置する構成。ファームレーンに2人、ミッドレーンに2人、オフレーンに1人の2-2-1となる。

duomid

メリット

  • 2番Midがレーン戦で勝てる。
  • ミッドレーン近辺のジャングルスタックを行うことができ、2番Midのファームを加速できる。

デメリット

  • Supportに経験値が入りにくい。
  • ファームレーンは2人で戦う必要がある。

使用する場面

  • {lich}{io}をピックできた場合が理想だが、他のサポートヒーローでも可能。
  • 2Midがジャングルスタックを素早く狩れるヒーローの場合に有効。

7.ローミング

ファームレーン2人、ミッドレーン1人、オフレーン1人の2-1-1の構成に加えて、Support1人がレーンを行き来してギャンクを繰り返す形だ。{bh}{mirana}に見られるプレイングである。

roaming

メリット

  • SupportLvl1からレーンを行き来してハラスとギャンクを繰り返し、それぞれのレーンを勝たせる。

デメリット

  • レーンを行き来するSupportに経験値が入りにくい。

使用する場面

  • {bh}をピックした場合には敵のMidにハラスをし、クーリエキルを狙う。
  • {mirana}をピックした場合には、レーンの敵に2Sacred Arrowを当てることで5秒スタンを与え、キルを取る。

今回はレーン構成について紹介しました。今後、デュオレーンやトライレーンの仕方について詳しく解説いたしますので、ご期待ください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です