Dota 2 道場

初心者をVeryHighまで導く

用語を覚えよう

チュートリアルを終えたら、次はDota2の用語をいくつか覚えましょう。以下の用語を覚えていれば、誰かと一緒にプレイするときにも困りません!

  • ヒーロー(Hero)
    hero
    自分たちが操作するキャラクターのことです。

 

  • クリープ(Creep)
    creepnc
    モブキャラのことです。このクリープを倒していくことで、経験値とお金を稼ぐことができます。また、敵クリープとは別に、中立クリープ(Neutral Creep)というものも存在します。

 

  • Top, Mid, Bottom(トップ、ミッド、ボトム)
    minimap
    Dota2というゲームでは、クリープが歩いていくルートが3つあります。そのルートにそれぞれTop, Mid, Bottomという名前がついています。上の画像では、Topは黄色Midは青色Bottomは紫色です。BottomはBotと略すこともあります。

 

  • タワー(Tower)
    tower
    範囲内に入った敵を自動で攻撃する施設です。このタワーを折ることが勝利につながります。
    タワーは各陣営ごとにいくつかありますが、前衛のタワーをTier1(T1)、そこから陣地に近づくにつれてTier2、Tier3、Tier4と呼びます。

 

  • 泉(Fountain)
    fountain
    ゲーム開始直後や死んだ後に、ヒーローが現れる場所です。この泉に近づくと、HPとMPが回復します。

 

  • スキル1番、2番、3番、ウルト(1st,2nd,3rd,Ult)
    skill
    たいていのヒーローはスキルを4つもっています。左から順番に1番、2番、3番、ウルトと呼びます。1,2,3番はレベル1で取得することができますが、ウルトはレベル6になると取得できます。

 

他にも用語はたくさんありますが、とりあえずこれだけで大丈夫!次は3.ボット戦をしてみよう


  1. チュートリアルをプレイしてみよう
  2. 用語を覚えよう
  3. ボット戦をしてみよう
  4. 対人戦をしてみよう